裸体表現の歴史を辿る『ヌード展』 英テートのコレクションが日本上陸

『ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより』が、3月24日から神奈川・横浜美術館で開催される。

オーストラリア、ニュージーランド、韓国を巡ったのち、日本で初開催される同展。絵画、彫刻、版画、写真など約130点を展観し、19世紀後半のヴィクトリア朝から現代までの裸体表現の歴史を辿る。

会場には、イギリス・テートのコレクションから、ヌードを主題とした作品が集結。オーギュスト・ロダンの代表作であり、男女の愛を描いた大理石像『接吻』が日本初公開されるほか、ジョン・エヴァレット・ミレイ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、エドガー・ドガ、アンリ・マティス、パブロ・ピカソ、フランシス・ベーコン、デイヴィッド・ホックニー、ルシアン・フロイド、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー、ヘンリー・ムーア、シンディ・シャーマンらの作品が紹介される。

イベント情報

『ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより』

2018年3月24日(土)~6月24日(日) 会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(5月11日、6月8日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで) 休館日:木曜(5月3日は開館)、5月7日 料金:一般1,600円 大学・専門学生1,200円 中高生600円 65歳以上1,500円(要証 明書) ※小学生以下、障害者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 裸体表現の歴史を辿る『ヌード展』 英テートのコレクションが日本上陸

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて