『花椿』春号にソノヤ・ミズノ、メイリンら登場 新AD・丸橋桂が担当

『花椿』春号が1月15日に刊行される。

資生堂の企業文化誌『花椿』。今回から新たに丸橋桂がアートディレクターを務める。同号のテーマは「Future」となり、表紙を飾るソノヤ・ミズノ、メイリン(ZOMBIE-CHANG)、テンジン・チェ・ミヤヒラ&フレンズ、ハルらが考える未来を紹介する「hello my future」や、Eugene Kangawa、廣川玉枝(SOMARTA)、小倉ヒラク、最果タヒらへのインタビューを掲載する。

太賀が登場するCharaの連載「サロン・ド・花椿」、中里唯馬(YUIMA NAKAZATO)へのインタビュー、鈴木一平の詩、原田マハの記事、今日マチ子の新連載などを収録するほか、『第35回現代詩花椿賞』を受賞した井坂洋子の『七月のひと房』が花椿文庫特別版として収められる。

『花椿』春号は資生堂関連施設および全国の書店の計39か所で無料配布。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『花椿』春号にソノヤ・ミズノ、メイリンら登場 新AD・丸橋桂が担当

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて