ニュース

ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

ラッパーのUZIが大麻取締法違反の疑いで逮捕。オフィシャルサイトにお知らせの記事が掲載された。

「UZIに関しましてのお知らせ」と題する記事では、「報道にあります通り、UZIが大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。現在、弁護士を通じて事実確認をしておりますので、今後正確な情報が入りしだい改めてご報告をさせていだだきます」と発表。またファンや関係者に向けては、「日頃からUZIを応援頂いているファンの皆様、関係者の皆様には大変ご迷惑とご心配をお掛けしております」と綴られている。署名は芸能事務所である株式会社ロストワンズ。なおUZIはロストワンズに所属していたが、現時点ではオフィシャルサイトに名前が掲載されていない。

UZIは東京都出身。Zeebraを擁するヒップホップクルー「URBARIAN GYM」のメンバーとして活動し、3MCによるユニット「T.O.P. RANKAZ」にも参加。2015年から放送されているラップバトル番組『フリースタイルダンジョン』では司会進行を務めている。同番組は1月16日深夜に放送される予定だったが、テレビ朝日では総集編を急遽放送し、AbemaTVでは放送中止となった。またレギュラー出演していたWREPのラジオ番組『渋谷WREP学園』は本日の放送を休止する。

ZeebraはTwitterに「UZIの件でダンジョンが急遽放送中止や内容変更になってしまいました…。番組のオーガナイザーとして、楽しみにしていたファンの方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです…」と投稿。

また『フリースタイルダンジョン』で共演している呂布カルマは「拳銃持っててもいい国や、家の中に平気で土足で上がれる国ではそりゃ大麻ぐらい合法だろうよ」、前シーズンで共演していたサイプレス上野は「なかなかスパイシーなニュースにびっくりだ」としながら、UZIについての想いを綴っている。ダースレイダーは「断言出来るのはUZIさんを嫌いな人には一人も会ったことない。みんな好き。だって、本当にあのまんまの人だから。うぇいよー」と投稿し、さらに法令遵守を第一に考える日本の社会について意見を表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー