ニュース

ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

ラッパーのUZIが大麻取締法違反の疑いで逮捕。オフィシャルサイトにお知らせの記事が掲載された。

「UZIに関しましてのお知らせ」と題する記事では、「報道にあります通り、UZIが大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。現在、弁護士を通じて事実確認をしておりますので、今後正確な情報が入りしだい改めてご報告をさせていだだきます」と発表。またファンや関係者に向けては、「日頃からUZIを応援頂いているファンの皆様、関係者の皆様には大変ご迷惑とご心配をお掛けしております」と綴られている。署名は芸能事務所である株式会社ロストワンズ。なおUZIはロストワンズに所属していたが、現時点ではオフィシャルサイトに名前が掲載されていない。

UZIは東京都出身。Zeebraを擁するヒップホップクルー「URBARIAN GYM」のメンバーとして活動し、3MCによるユニット「T.O.P. RANKAZ」にも参加。2015年から放送されているラップバトル番組『フリースタイルダンジョン』では司会進行を務めている。同番組は1月16日深夜に放送される予定だったが、テレビ朝日では総集編を急遽放送し、AbemaTVでは放送中止となった。またレギュラー出演していたWREPのラジオ番組『渋谷WREP学園』は本日の放送を休止する。

ZeebraはTwitterに「UZIの件でダンジョンが急遽放送中止や内容変更になってしまいました…。番組のオーガナイザーとして、楽しみにしていたファンの方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです…」と投稿。

また『フリースタイルダンジョン』で共演している呂布カルマは「拳銃持っててもいい国や、家の中に平気で土足で上がれる国ではそりゃ大麻ぐらい合法だろうよ」、前シーズンで共演していたサイプレス上野は「なかなかスパイシーなニュースにびっくりだ」としながら、UZIについての想いを綴っている。ダースレイダーは「断言出来るのはUZIさんを嫌いな人には一人も会ったことない。みんな好き。だって、本当にあのまんまの人だから。うぇいよー」と投稿し、さらに法令遵守を第一に考える日本の社会について意見を表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図