『文學界』で「大特集 岡崎京子は不滅である」、二階堂ふみ×ばなな対談も

岡崎京子の特集記事「大特集 岡崎京子は不滅である」が、本日2月7日発売の文芸誌『文學界』2018年3月号に掲載されている。

同特集には、映画『リバーズ・エッジ』で主演を務めた二階堂ふみが吉本ばななと対談した「『リバーズ・エッジ』の普遍性」をはじめ、宇野維正による「ぼくらはいともかんたんに まよいこんでしまう。――岡崎京子と小沢健二の『一九九六年以降』」、曽我部恵一としまおまほの対談「ポップでクールな『永遠の青春』」、桜沢エリカによる「『普通の女の子』だから描けた物語」を掲載。

さらにアンケート「私の好きな岡崎作品」には今日マチ子、行定勲、ブルボン小林、藤野千夜、大根仁、文月悠光、藤野可織、宮沢章夫、穂村弘、斎藤環が回答している。また「スペシャル再録」として岡崎京子による『女のケモノ道』を収録している。

なお同号には筒井康隆、松尾スズキ、壇蜜、小谷野敦の創作なども掲載されている。

書籍情報

『文學界』2018年3月号

2018年2月7日(水)発売 価格:970円(税込) 発行:文藝春秋

Amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『文學界』で「大特集 岡崎京子は不滅である」、二階堂ふみ×ばなな対談も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて