ニュース

「絵×文学」を再考する『MONKEY』 J・クラッセン×小川洋子タッグ作も

文芸誌『MONKEY vol.14』が2月15日に刊行される。

翻訳家・柴田元幸が責任編集を務める『MONKEY』。「絵が大事」を特集にした今回は、「絵」と「文学」の関係を見つめ直し、両者の相乗効果について考える。柴田元幸によるウィリアム・ブレイク『うた 無垢と経験の』の翻訳を一挙掲載するほか、カナダ出身の絵本作家ジョン・クラッセンと小川洋子の約4年ぶりのコラボとなる『訪問者』、柴田による講義「律儀さの美徳 カズオ・イシグロの英語」などを収録。表紙は斉木雄太が手掛けた。

さらにイッセー尾形による記事「日の丸プレイバック」や、きたむらさとし、松田青子、テッド・グーセン、柴田による「翻訳者は語る」、神慶太による文とカワイハルナによる絵で構成される「回文にまつわる六つの掌篇」、小林エリカによる「チョコレート・ファウンテンのほとりで」、松田青子によるアダム・サックス『遺伝性疾患』の翻訳なども掲載。スイッチ・パブリッシングのオンラインショップで購入するとジョン・クラッセンのポストカードが付属する。

『MONKEY vol.14』表紙
『MONKEY vol.14』表紙
『MONKEY vol.14』より
『MONKEY vol.14』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」