ニュース

「絵×文学」を再考する『MONKEY』 J・クラッセン×小川洋子タッグ作も

文芸誌『MONKEY vol.14』が2月15日に刊行される。

翻訳家・柴田元幸が責任編集を務める『MONKEY』。「絵が大事」を特集にした今回は、「絵」と「文学」の関係を見つめ直し、両者の相乗効果について考える。柴田元幸によるウィリアム・ブレイク『うた 無垢と経験の』の翻訳を一挙掲載するほか、カナダ出身の絵本作家ジョン・クラッセンと小川洋子の約4年ぶりのコラボとなる『訪問者』、柴田による講義「律儀さの美徳 カズオ・イシグロの英語」などを収録。表紙は斉木雄太が手掛けた。

さらにイッセー尾形による記事「日の丸プレイバック」や、きたむらさとし、松田青子、テッド・グーセン、柴田による「翻訳者は語る」、神慶太による文とカワイハルナによる絵で構成される「回文にまつわる六つの掌篇」、小林エリカによる「チョコレート・ファウンテンのほとりで」、松田青子によるアダム・サックス『遺伝性疾患』の翻訳なども掲載。スイッチ・パブリッシングのオンラインショップで購入するとジョン・クラッセンのポストカードが付属する。

『MONKEY vol.14』表紙
『MONKEY vol.14』表紙
『MONKEY vol.14』より
『MONKEY vol.14』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎