ニュース

「絵×文学」を再考する『MONKEY』 J・クラッセン×小川洋子タッグ作も

文芸誌『MONKEY vol.14』が2月15日に刊行される。

翻訳家・柴田元幸が責任編集を務める『MONKEY』。「絵が大事」を特集にした今回は、「絵」と「文学」の関係を見つめ直し、両者の相乗効果について考える。柴田元幸によるウィリアム・ブレイク『うた 無垢と経験の』の翻訳を一挙掲載するほか、カナダ出身の絵本作家ジョン・クラッセンと小川洋子の約4年ぶりのコラボとなる『訪問者』、柴田による講義「律儀さの美徳 カズオ・イシグロの英語」などを収録。表紙は斉木雄太が手掛けた。

さらにイッセー尾形による記事「日の丸プレイバック」や、きたむらさとし、松田青子、テッド・グーセン、柴田による「翻訳者は語る」、神慶太による文とカワイハルナによる絵で構成される「回文にまつわる六つの掌篇」、小林エリカによる「チョコレート・ファウンテンのほとりで」、松田青子によるアダム・サックス『遺伝性疾患』の翻訳なども掲載。スイッチ・パブリッシングのオンラインショップで購入するとジョン・クラッセンのポストカードが付属する。

『MONKEY vol.14』表紙
『MONKEY vol.14』表紙
『MONKEY vol.14』より
『MONKEY vol.14』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『LAPSE』予告編

柳俊太郎、SUMIREらが出演するBABEL LABEL製作の映画『LAPSE』の予告編。SALU書き下ろしの主題歌“LIGHTS”と共に頭に流れ込む3篇のシーンやセリフに魅了され、近いようで遠く、遠いようで近い世界観に引き込まれる。一瞬、現れるメッセージ「未来に抗え。」。この力強い一言には、どんな想いが込められているのだろうか。(角田)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業