青山悟やキュンチョメらの「ゼミ」で制作、22人参加の『みっける365日』展

『「みっける365日」展 ― アーティストと探す「人生の1%」』が、2月24日から東京・三軒茶屋の生活工房ギャラリーで開催される。

同展では、日常にあるものを被写体とした数千枚の写真をコマ撮りアニメーションの手法で高速スライドショーにし、音と構成した映像作品を上映。作品は北川貴好、青山悟、キュンチョメ、タノタイガによる大学のゼミ方式のワークショップを経て制作された。写真は一般参加者22人がアーティストのサポートを受け、1年間をかけて撮影。展覧会のイントロダクションとして、4組のサポートアーティストの作品も展示される。

2月24日にはオープニングイベントとして北川貴好、教育学者の石田喜美らによるトークイベントが行なわれるほか、25日にタノタイガのレクチャーなど、関連イベントが複数予定されている。詳細は会場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『「みっける365日」展 ― アーティストと探す「人生の1%」』

2018年2月24日(土)~3月18日(日) 会場:東京都 三軒茶屋 生活工房ギャラリー ワークショップルームA・B 時間:11:00~19:00 休館日:月曜 料金:無料
  • HOME
  • Art/Design
  • 青山悟やキュンチョメらの「ゼミ」で制作、22人参加の『みっける365日』展

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて