椎名林檎トリビュート盤に宇多田&小袋、松たか子、三浦大知、井上陽水ら

椎名林檎のトリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』が5月23日にリリースされることがわかった。

椎名林檎のデビュー20周年を記念する同作には、様々なアーティストたちによる椎名の楽曲のカバーを収録。テーマは「世代を越える・ジャンルを越える・関係を越える(今回限りのコラボレーション)」となる。

参加アーティストは、AI、井上陽水、宇多田ヒカル&小袋成彬、木村カエラ、私立恵比寿中学、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、藤原さくら、松たか子、三浦大知、RHYMESTER、LiSA、レキシに加えて、亀田誠治プロデュースによるバンド「theウラシマ'S」となる。theウラシマ'Sのメンバーは、草野マサムネ(Vo / スピッツ)、鈴木英哉(Dr / Mr.Children)、喜多建介(Gt / ASIAN KUNG-FU GENERATION)、是永亮祐(Ba / 雨のパレード)となる。

収録曲は、AIによる“罪と罰”、井上陽水による“カーネーション”、宇多田ヒカル&小袋成彬による“丸ノ内サディスティック”、木村カエラによる“ここでキスして。”、私立恵比寿中学による“自由へ道連れ”、田島貴男(ORIGINAL LOVE)による“都合のいい身体”、藤原さくらによる“茜さす 帰路照らされど・・・”、松たか子による“ありきたりな女”、三浦大知による“すべりだい”、RHYMESTERによる“本能”、LiSAによる“NIPPON”、レキシによる“幸福論”、theウラシマ'Sによる“正しい街”。

さらにブックレットには誉田哲也の書き下ろし短編小説『歌舞伎町の女王 -再会-』が収録される。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 椎名林檎トリビュート盤に宇多田&小袋、松たか子、三浦大知、井上陽水ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて