生田斗真&瑛太&夏帆がカラオケ 瀬々敬久監督『友罪』予告編&本ポスター

瀬々敬久監督の新作映画『友罪』の予告編が公開された。

5月25日から公開される『友罪』は、薬丸岳の同名小説が原作。ジャーナリストになる夢に破れて町工場で働き始めた益田が、過去を語りたがらない同い年の工場勤務の男・鈴木と交流する中で、鈴木が17年前に起きた児童連続殺傷事件の犯人ではないかと疑い始めるというあらすじだ。益田役に生田斗真、鈴木役に瑛太がキャスティング。

予告編では、益田、鈴木、夏帆演じるAV出演の過去を持つOL・藤沢の3人がカラオケを楽しむ様子や、益田の「友達なら、教えてくれよ。なにやったのか」というセリフ、益田が鈴木に「抱えるしかないだろ。あいつらは死んで、もういない。でも俺たちは生きてる」と言うシーン、益田が涙を流しながら鈴木に謝罪する場面に加えて、微笑む鈴木、佐藤浩市演じる加害者の父親として贖罪の日々を送る山内、山本美月演じる益田の元恋人でジャーナリストの杉本、富田靖子演じる鈴木の少年院時代の担当法務教官・白石の姿などが確認できる。

あわせて公開されたポスタービジュアルには、「心を許した友は、あの少年Aだった。」というキャッチコピーと共に、益田、鈴木、藤沢、杉本、山内、白石の姿が写し出されている。瀬々敬久監督は、映画化にあたって「“覚悟”というよりは、こういう世界があってほしい“願い”と言えるかもしれません」とコメントしている。

作品情報

『友罪』

2018年5月25日(金)から全国公開
監督:瀬々敬久 原作:薬丸岳『友罪』(集英社文庫) 出演: 生田斗真 瑛太 佐藤浩市 夏帆 山本美月 富田靖子 奥野瑛太 飯田芳 小市慢太郎 矢島健一 青木崇高 忍成修吾 西田尚美 村上淳 片岡礼子 石田法嗣 北浦愛 坂井真紀 古舘寛治 宇野祥平 大西信満 渡辺真起子 光石研 配給:ギャガ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 生田斗真&瑛太&夏帆がカラオケ 瀬々敬久監督『友罪』予告編&本ポスター

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて