和田昌宏の映像作品展 『さるかに合戦』など日本の「昔話」を作品化

和田昌宏の個展『MASAHIRO WADA FILM WORKS』が3月23日から東京・代官山のLOKO GALLERYで開催される。

可動式のセットとストーリー性のある映像を組み合わせた作品を発表しているアーティスト、和田昌宏。炎、肉、闇、煙といったモチーフを扱う作品を多く手掛け、2016年のLOKO GALLERYオープン時には同ギャラリーの第1回展として個展を開催した。

同展では、和田が日本の昔話をテーマに制作してきた映像作品を軸に展示空間を構成。『さるかに合戦』『こぶとりじいさん』『山姥』を題材にした作品を中心に、神話や民間伝承にまつわる作品、スケッチのような素材などを織り交ぜながら近年の和田の一側面をクローズアップする試みとなる。

初日の3月23日にはオープニングレセプションを開催。詳細はギャラリーのオフィシャルサイトを確認しよう。

イベント情報

和田昌宏 『MASAHIRO WADA FILM WORKS』

2018年3月23日(金)~4月14日(土) 会場:東京都 代官山 LOKO GALLERY
時間:11:00~19:00 休廊日:日、月曜 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 和田昌宏の映像作品展 『さるかに合戦』など日本の「昔話」を作品化

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて