mograg gallery10周年祝う展覧会に小田島等、梅沢和木、ひらのりょうら52組

グループ展『mograg 10th Anniversary Exhibition“てん”』が3月30日から前後期にわたって東京・御徒町のmograg galleryで開催される。

同展はmograg galleryが今年で運営10周年となることを記念して開催。2008年2月に東京・国分寺のアートスペース・mograg garageをオープン、2014年に京都で2店舗目となるシェアギャラリー・momuragを始め、それらの集大成として2015年に東京・御徒町へ移転して現在のmograg galleryをスタートさせた。

参加アーティストは今までmogragに関わってきた52組。3月30日からの前期にはAntoine Bernhart、石井モタコ、伊波英里、内田ユッキ、内田百合香、岡野智史、岡村優太、小田島等、かつまたひでゆき、郡司侑祐、五嶋英門、小林銅蟲、斎藤祐平、佐藤拓人(ifax!)、俵谷哲典、念形師 家元 須永健太郎、野々上聡人、野村康生、HAMADARAKA、塙将良、怪獣芸術家ピコピコ、福士千裕、藤城嘘、WHOLE9、やんこま、Loïc Locatelli Kournwsky、の26組が出展する。

4月13日からの後期には石田真也、ICHASU、梅沢和木、エグチソラ、Emil Öhlund、沖冲.、WORUZ、KAE、香山哲、KYOTARO、ゴウダヨウスケ、サイトウケイスケ、逆柱いみり、セキンタニ・ラ・ノリヒロ、たかくらかずき、デハラユキノリ、NANOOK、抜水摩耶、はまぐちさくらこ、HIZGI、ひらのりょう、前川紘士、みなみりょうへい、山さきあさ彦、ヨシカワショウゴ、吉原宏紀の26組が参加する。

また前後期それぞれ初日にオープニングパーティーを実施。同展の参加作家らによるライブやパフォーマンス、DJプレイが行われる。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『mograg 10th Anniversary Exhibition“てん”』

前期:2018年3月30日(金)~4月8日(日) 後期:2018年4月13日(金)~4月22日(日) 会場:東京都 御徒町 mograg gallery
時間:13:00~20:00 前期出展作家: Antoine Bernhart 石井モタコ 伊波英里 内田ユッキ 内田百合香 岡野智史 岡村優太 小田島等 かつまたひでゆき 郡司侑祐 五嶋英門 小林銅蟲 斎藤祐平 佐藤拓人(ifax!) 俵谷哲典 念形師 家元 須永健太郎 野々上聡人 野村康生 HAMADARAKA 塙将良 怪獣芸術家ピコピコ 福士千裕 藤城嘘 WHOLE9 やんこま Loïc Locatelli Kournwsky 後期出展作家: 石田真也 ICHASU 梅沢和木 エグチソラ Emil Öhlund 沖冲. WORUZ KAE 香山哲 KYOTARO ゴウダヨウスケ サイトウケイスケ 逆柱いみり セキンタニ・ラ・ノリヒロ たかくらかずき デハラユキノリ NANOOK 抜水摩耶 はまぐちさくらこ HIZGI ひらのりょう 前川紘士 みなみりょうへい 山さきあさ彦 ヨシカワショウゴ 吉原宏紀 休廊日:月曜 料金:無料

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • mograg gallery10周年祝う展覧会に小田島等、梅沢和木、ひらのりょうら52組

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて