ニュース

mograg gallery10周年祝う展覧会に小田島等、梅沢和木、ひらのりょうら52組

グループ展『mograg 10th Anniversary Exhibition“てん”』が3月30日から前後期にわたって東京・御徒町のmograg galleryで開催される。

同展はmograg galleryが今年で運営10周年となることを記念して開催。2008年2月に東京・国分寺のアートスペース・mograg garageをオープン、2014年に京都で2店舗目となるシェアギャラリー・momuragを始め、それらの集大成として2015年に東京・御徒町へ移転して現在のmograg galleryをスタートさせた。

参加アーティストは今までmogragに関わってきた52組。3月30日からの前期にはAntoine Bernhart、石井モタコ、伊波英里、内田ユッキ、内田百合香、岡野智史、岡村優太、小田島等、かつまたひでゆき、郡司侑祐、五嶋英門、小林銅蟲、斎藤祐平、佐藤拓人(ifax!)、俵谷哲典、念形師 家元 須永健太郎、野々上聡人、野村康生、HAMADARAKA、塙将良、怪獣芸術家ピコピコ、福士千裕、藤城嘘、WHOLE9、やんこま、Loïc Locatelli Kournwsky、の26組が出展する。

4月13日からの後期には石田真也、ICHASU、梅沢和木、エグチソラ、Emil Öhlund、沖冲.、WORUZ、KAE、香山哲、KYOTARO、ゴウダヨウスケ、サイトウケイスケ、逆柱いみり、セキンタニ・ラ・ノリヒロ、たかくらかずき、デハラユキノリ、NANOOK、抜水摩耶、はまぐちさくらこ、HIZGI、ひらのりょう、前川紘士、みなみりょうへい、山さきあさ彦、ヨシカワショウゴ、吉原宏紀の26組が参加する。

また前後期それぞれ初日にオープニングパーティーを実施。同展の参加作家らによるライブやパフォーマンス、DJプレイが行われる。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

『mograg 10th Anniversary Exhibition“てん”』ビジュアル
『mograg 10th Anniversary Exhibition“てん”』ビジュアル
『mograg 10th Anniversary Exhibition“てん”』ビジュアル
『mograg 10th Anniversary Exhibition“てん”』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年