『頂』最終発表で卓球、UA、クラムボン、キセル、堀込泰行ら 全24組出揃う

野外音楽イベント『頂 -ITADAKI- 2018』の最終出演者が発表された。

同イベントは6月2日、3日の2日間にわたって静岡・吉田公園特設ステージで開催。今年で11年目を迎える。

今回出演が発表されたのは、UA、クラムボン、石野卓球、キセル、Emi Meyer、堀込泰行、haruka nakamura、PJ & Keycoの8組。キセルとEmi Meyerはろうそくの明かりだけを照明として使用するライブ「CANDLE TIME」、堀込泰行とharuka nakamuraはキャンパー限定の「MOON STAGE -midnight landing-」に出演する。また、PJ & KeycoはMCを担当する。

タイムテーブルは4月5日に発表予定。チケット全券種の一般販売は4月7日の12:00からスタートする。詳細はイベントのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『頂 -ITADAKI- 2018』

2018年6月2日(土)、6月3日(日) 会場:静岡県 吉田公園特設ステージ
出演: ペトロールズ toe LITTLE CREATURES Nulbarich 大橋トリオ Chris Dave and the Drumhedz SOIL&"PIMP"SESSIONS 5lack 渋さ知らズオーケストラ GOMA & The Jungle Rhythm Section 韻シスト OKAMOTO’S GLIM SPANKY 藤原さくら 平井大 Yogee New Wave UA クラムボン 石野卓球 キセル Emi Meyer 堀込泰行 haruka nakamura PJ & Keyco(MC) 料金:1日券7,000円 通し券13,000円
  • HOME
  • Music
  • 『頂』最終発表で卓球、UA、クラムボン、キセル、堀込泰行ら 全24組出揃う

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて