ニュース

中島健人×中条あやみがW主演 ラブコメ漫画『ニセコイ』実写映画化

古味直志の漫画『ニセコイ』が実写映画化され、12月21日から公開される。

『ニセコイ』は2011年から2016年まで『週刊少年ジャンプ』で連載されたラブコメディー漫画。極道「集英組」組長の一人息子である男子高校生・一条楽と、アメリカのギャング組織の一人娘で容姿端麗なハーフの転校生・桐崎千棘が、互いの親の組織の抗争を止めるために「偽物の恋人」を強制的に演じさせられることになってしまう、というあらすじだ。

極道一家に生まれながら、勉強一筋で平凡な幸せを望むさえない「もやし男」一条楽役を演じるのは中島健人(Sexy Zone)。運動神経抜群で口が悪く暴力的な桐崎千棘役を中条あやみが演じる。中条は自身の黒髪を原作の通りに金髪に染めて千棘を再現するという。メガホンを取るのは映画『俺物語!!』『兄に愛されすぎて困ってます』、ドラマ『黒崎くんの言いなりになんてならない』などの河合勇人。劇中では楽と千棘の「ツンデレ」な関係と口喧嘩の応酬が見どころの1つとなる。

中島健人は「信頼する河合監督から、『今回の役は”王子様のイメージ”ではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!』と仰って頂き、その期待に応えるためにも『脱・王子!』を宣言します!」とコメント。

中条あやみは「とても人気の漫画『ニセコイ』の桐崎千棘を演じることは、私にとって大きなプレッシャーなのですが、実は共通点も多いんです!同じハーフ女子ということと、バナナが好きということ。千棘ちゃんと一緒で嬉しいです!(笑)。さらに千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします。これから染めるのですが、どうなるのかとても楽しみです」と語っている。

撮影は4月下旬から6月中旬頃にかけて関東近郊で行なわれる予定。

中島健人のコメント

「週刊少年ジャンプ」で連載されていた、あの「ニセコイ」の一条楽に抜擢していただき、とても光栄です。映画は、刺激的でハツラツとしたラブコメになっています。初共演となる中条あやみさんは、まさに「歩く姿は百合の花」という第一印象です。“華”のある方を罵ったりなじったりするのはとても心苦しいのですが、喧嘩を繰り返した先に“愛”があると思うので、全力で演じられればと思います。僕たち“ケンカップル”のケンカっぷりを、ぜひ堪能していただけたら嬉しいです。千棘と激しくバトルする楽は、普段はモヤシと呼ばれる冴えない高校生。信頼する河合監督から、「今回の役は”王子様のイメージ”ではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!」と仰って頂き、その期待に応えるためにも「脱・王子!」を宣言します!『ニセコイ』というタイトルではありますが、偽物ではなく本物のラブストーリーを、中条さんと一緒にしっかり作り上げていきたいです。緊張のクランクインまであと数日、もう1回漫画を全部読み直して、ニセコイの世界を僕に染み込ませたいと思います!

中条あやみのコメント

とても人気の漫画「ニセコイ」の桐崎千棘を演じることは、私にとって大きなプレッシャーなのですが、実は共通点も多いんです!同じハーフ女子ということと、バナナが好きということ。千棘ちゃんと一緒で嬉しいです!(笑)。さらに千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします。これから染めるのですが、どうなるのかとても楽しみです。楽役の中島健人さんは、まわりにキラキラオーラをまとう、想像通りの紳士的な王子さま。今回はそんな中島さんに、役と言えども激しく怒鳴り散らす男勝りな千棘ちゃんを演じるため、ここに【脱・清純】を宣言します!この素敵な原作「ニセコイ」に応えられるように、これから中島さんと一緒に全力で頑張りたいと思います!

古味直志のコメント

まさかこんな旬のお二人に演じて貰えるとは思ってもみなくて驚きました!
楽と千棘がどんな風に演じて貰えるのか、一観客として楽しみにしています!

左から中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ ©2018映画『ニセコイ』製作委員会
左から中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ ©2018映画『ニセコイ』製作委員会
一条楽、桐崎千棘 原作ビジュアル ©古味直志/集英社
一条楽、桐崎千棘 原作ビジュアル ©古味直志/集英社
古味直志『ニセコイ』1巻表紙 ©古味直志/集英社
古味直志『ニセコイ』1巻表紙 ©古味直志/集英社
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像