ニュース

中島健人×中条あやみがW主演 ラブコメ漫画『ニセコイ』実写映画化

古味直志の漫画『ニセコイ』が実写映画化され、12月21日から公開される。

『ニセコイ』は2011年から2016年まで『週刊少年ジャンプ』で連載されたラブコメディー漫画。極道「集英組」組長の一人息子である男子高校生・一条楽と、アメリカのギャング組織の一人娘で容姿端麗なハーフの転校生・桐崎千棘が、互いの親の組織の抗争を止めるために「偽物の恋人」を強制的に演じさせられることになってしまう、というあらすじだ。

極道一家に生まれながら、勉強一筋で平凡な幸せを望むさえない「もやし男」一条楽役を演じるのは中島健人(Sexy Zone)。運動神経抜群で口が悪く暴力的な桐崎千棘役を中条あやみが演じる。中条は自身の黒髪を原作の通りに金髪に染めて千棘を再現するという。メガホンを取るのは映画『俺物語!!』『兄に愛されすぎて困ってます』、ドラマ『黒崎くんの言いなりになんてならない』などの河合勇人。劇中では楽と千棘の「ツンデレ」な関係と口喧嘩の応酬が見どころの1つとなる。

中島健人は「信頼する河合監督から、『今回の役は”王子様のイメージ”ではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!』と仰って頂き、その期待に応えるためにも『脱・王子!』を宣言します!」とコメント。

中条あやみは「とても人気の漫画『ニセコイ』の桐崎千棘を演じることは、私にとって大きなプレッシャーなのですが、実は共通点も多いんです!同じハーフ女子ということと、バナナが好きということ。千棘ちゃんと一緒で嬉しいです!(笑)。さらに千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします。これから染めるのですが、どうなるのかとても楽しみです」と語っている。

撮影は4月下旬から6月中旬頃にかけて関東近郊で行なわれる予定。

中島健人のコメント

「週刊少年ジャンプ」で連載されていた、あの「ニセコイ」の一条楽に抜擢していただき、とても光栄です。映画は、刺激的でハツラツとしたラブコメになっています。初共演となる中条あやみさんは、まさに「歩く姿は百合の花」という第一印象です。“華”のある方を罵ったりなじったりするのはとても心苦しいのですが、喧嘩を繰り返した先に“愛”があると思うので、全力で演じられればと思います。僕たち“ケンカップル”のケンカっぷりを、ぜひ堪能していただけたら嬉しいです。千棘と激しくバトルする楽は、普段はモヤシと呼ばれる冴えない高校生。信頼する河合監督から、「今回の役は”王子様のイメージ”ではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!」と仰って頂き、その期待に応えるためにも「脱・王子!」を宣言します!『ニセコイ』というタイトルではありますが、偽物ではなく本物のラブストーリーを、中条さんと一緒にしっかり作り上げていきたいです。緊張のクランクインまであと数日、もう1回漫画を全部読み直して、ニセコイの世界を僕に染み込ませたいと思います!

中条あやみのコメント

とても人気の漫画「ニセコイ」の桐崎千棘を演じることは、私にとって大きなプレッシャーなのですが、実は共通点も多いんです!同じハーフ女子ということと、バナナが好きということ。千棘ちゃんと一緒で嬉しいです!(笑)。さらに千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします。これから染めるのですが、どうなるのかとても楽しみです。楽役の中島健人さんは、まわりにキラキラオーラをまとう、想像通りの紳士的な王子さま。今回はそんな中島さんに、役と言えども激しく怒鳴り散らす男勝りな千棘ちゃんを演じるため、ここに【脱・清純】を宣言します!この素敵な原作「ニセコイ」に応えられるように、これから中島さんと一緒に全力で頑張りたいと思います!

古味直志のコメント

まさかこんな旬のお二人に演じて貰えるとは思ってもみなくて驚きました!
楽と千棘がどんな風に演じて貰えるのか、一観客として楽しみにしています!

左から中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ ©2018映画『ニセコイ』製作委員会
左から中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ ©2018映画『ニセコイ』製作委員会
一条楽、桐崎千棘 原作ビジュアル ©古味直志/集英社
一条楽、桐崎千棘 原作ビジュアル ©古味直志/集英社
古味直志『ニセコイ』1巻表紙 ©古味直志/集英社
古味直志『ニセコイ』1巻表紙 ©古味直志/集英社
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年