ニュース

中島健人×中条あやみがW主演 ラブコメ漫画『ニセコイ』実写映画化

古味直志の漫画『ニセコイ』が実写映画化され、12月21日から公開される。

『ニセコイ』は2011年から2016年まで『週刊少年ジャンプ』で連載されたラブコメディー漫画。極道「集英組」組長の一人息子である男子高校生・一条楽と、アメリカのギャング組織の一人娘で容姿端麗なハーフの転校生・桐崎千棘が、互いの親の組織の抗争を止めるために「偽物の恋人」を強制的に演じさせられることになってしまう、というあらすじだ。

極道一家に生まれながら、勉強一筋で平凡な幸せを望むさえない「もやし男」一条楽役を演じるのは中島健人(Sexy Zone)。運動神経抜群で口が悪く暴力的な桐崎千棘役を中条あやみが演じる。中条は自身の黒髪を原作の通りに金髪に染めて千棘を再現するという。メガホンを取るのは映画『俺物語!!』『兄に愛されすぎて困ってます』、ドラマ『黒崎くんの言いなりになんてならない』などの河合勇人。劇中では楽と千棘の「ツンデレ」な関係と口喧嘩の応酬が見どころの1つとなる。

中島健人は「信頼する河合監督から、『今回の役は”王子様のイメージ”ではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!』と仰って頂き、その期待に応えるためにも『脱・王子!』を宣言します!」とコメント。

中条あやみは「とても人気の漫画『ニセコイ』の桐崎千棘を演じることは、私にとって大きなプレッシャーなのですが、実は共通点も多いんです!同じハーフ女子ということと、バナナが好きということ。千棘ちゃんと一緒で嬉しいです!(笑)。さらに千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします。これから染めるのですが、どうなるのかとても楽しみです」と語っている。

撮影は4月下旬から6月中旬頃にかけて関東近郊で行なわれる予定。

中島健人のコメント

「週刊少年ジャンプ」で連載されていた、あの「ニセコイ」の一条楽に抜擢していただき、とても光栄です。映画は、刺激的でハツラツとしたラブコメになっています。初共演となる中条あやみさんは、まさに「歩く姿は百合の花」という第一印象です。“華”のある方を罵ったりなじったりするのはとても心苦しいのですが、喧嘩を繰り返した先に“愛”があると思うので、全力で演じられればと思います。僕たち“ケンカップル”のケンカっぷりを、ぜひ堪能していただけたら嬉しいです。千棘と激しくバトルする楽は、普段はモヤシと呼ばれる冴えない高校生。信頼する河合監督から、「今回の役は”王子様のイメージ”ではないけど、また一緒に物語の世界を作っていこう!」と仰って頂き、その期待に応えるためにも「脱・王子!」を宣言します!『ニセコイ』というタイトルではありますが、偽物ではなく本物のラブストーリーを、中条さんと一緒にしっかり作り上げていきたいです。緊張のクランクインまであと数日、もう1回漫画を全部読み直して、ニセコイの世界を僕に染み込ませたいと思います!

中条あやみのコメント

とても人気の漫画「ニセコイ」の桐崎千棘を演じることは、私にとって大きなプレッシャーなのですが、実は共通点も多いんです!同じハーフ女子ということと、バナナが好きということ。千棘ちゃんと一緒で嬉しいです!(笑)。さらに千棘ちゃんに近づくため、今回初めて髪を金髪にします。これから染めるのですが、どうなるのかとても楽しみです。楽役の中島健人さんは、まわりにキラキラオーラをまとう、想像通りの紳士的な王子さま。今回はそんな中島さんに、役と言えども激しく怒鳴り散らす男勝りな千棘ちゃんを演じるため、ここに【脱・清純】を宣言します!この素敵な原作「ニセコイ」に応えられるように、これから中島さんと一緒に全力で頑張りたいと思います!

古味直志のコメント

まさかこんな旬のお二人に演じて貰えるとは思ってもみなくて驚きました!
楽と千棘がどんな風に演じて貰えるのか、一観客として楽しみにしています!

左から中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ ©2018映画『ニセコイ』製作委員会
左から中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ ©2018映画『ニセコイ』製作委員会
一条楽、桐崎千棘 原作ビジュアル ©古味直志/集英社
一条楽、桐崎千棘 原作ビジュアル ©古味直志/集英社
古味直志『ニセコイ』1巻表紙 ©古味直志/集英社
古味直志『ニセコイ』1巻表紙 ©古味直志/集英社
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談