『パンク侍、斬られて候』猿将軍は永瀬正敏&主題歌Sex Pistols 特報公開

映画『パンク侍、斬られて候』に永瀬正敏が出演。あわせて主題歌にSex Pistolsの“Anarchy in the U.K.”が起用されることがわかった。

町田康の小説『パンク侍、斬られて候』を原作にした同作は、浪人・掛十之進を主人公に、10人の男たちによる腹の探り合いと1人の女を巡る恋の行方、猿が語り出す秘密を描く物語。脚本は宮藤官九郎が担当し、監督を石井岳龍が務めた。公開は6月30日。

永瀬正敏は、物語の鍵を握る「将軍の格好をした猿」大臼延珍役で出演。永瀬は「僕は石井監督の作品4回目なんですけど、呼んでいただける度にとても嬉しいです。今回は町田康さんの原作ですし、世の中驚いちゃうんじゃないですかね。カテゴライズできない映画。ニューシネマができるんだと思います」と語っている。また石井監督は、永瀬をキャスティングしたことについて「(大臼役をやるなら)彼しかいない。圧倒的な存在感と演技力で作品の世界観の背骨となる」とコメント。

“Anarchy in the U.K.”は1976年に発表されたSex Pistolsのデビュー曲。石井監督は同曲の起用について「今回はこれしかない。あなーきー・いんざ・行ゆけー!!」とコメントしている。YouTubeでは、大臼延珍が宙を舞うシーンなどが映し出されている主題歌入り特報が公開。大臼の特殊メイクは、特殊メイクアーティストのJIROが手掛けた。なおSex Pistolsの楽曲が日本映画の主題歌に公式使用されるのは今回が初。

さらに5月12日にはオリジナルクリアファイルが付属するムビチケカードを販売開始する。

作品情報

『パンク侍、斬られて候』

2018年6月30日(土)から全国公開
監督:石井岳龍 脚本:宮藤官九郎 原作:町田康『パンク侍、斬られて候』(角川文庫) 主題歌:Sex Pistols“Anarchy in the U.K.” 出演: 綾野剛 北川景子 東出昌大 染谷将太 浅野忠信 村上淳 若葉竜也 近藤公園 渋川清彦 國村隼 豊川悦司 永瀬正敏 配給:東映
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『パンク侍、斬られて候』猿将軍は永瀬正敏&主題歌Sex Pistols 特報公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて