ニュース

『GINZA』リニューアル第1号刊行 新連載陣に松尾スズキ、ソニア・パークら

雑誌『GINZA』のリニューアル第1号が本日5月11日に刊行された。

創刊から21年目を迎える同誌『GINZA』。リニューアル後は「Mode For Beautiful.」「Celebrate Everyday.」「Door To Intelligence.」の3つのテーマを軸に、ファッションの持つささやかでありつつも確かな楽しみや希望を伝えていくという。新編集長は河田紗弥。

リニューアル第1号となる6月号の特集は「OK,Ladies! 初夏の足音が聴こえる。」。スタイリング集に加え、「ピクニック」「ガラスのグッドデザイン」「半分くらい外の店」といった企画記事を収録。連載陣は一新され、ソニア・パーク、平松洋子、江本祐介(ENJOY MUSIC CLUB)、松尾スズキ(大人計画)、松本昌大らが名を連ねる。

また、インタビュー連載「レディの肖像」に市川実日子、カラオケの十八番について語る連載「アノコノオハコ」に高橋ひとみが登場しているほか、書籍『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』の著者・花田菜々子(HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE)ら書店員3人によるコーナー「街の本屋のこの1冊」が掲載されている。

『GINZA 2018年6月号』表紙
『GINZA 2018年6月号』表紙
『GINZA 2018年6月号』より
『GINZA 2018年6月号』より
『GINZA 2018年6月号』より
『GINZA 2018年6月号』より
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開