『見て楽しむアナログ・シンセ図鑑』刊行、松武秀樹と難波弘之の対談も

ムック本『見て楽しむアナログ・シンセ図鑑』が5月21日に刊行される。

同書は1960年代末から1970年代にかけて、音楽シーンで多様されたというMoog III-C、Minimoog、Prophet-5、Oberheim 4 Voice、Jupiter-8などのアナログシンセサイザー約50機種をオールカラーで掲載。キース・エマーソン、リック・ウェイクマン、冨田勲、Yellow Magic Orchestraらが使用していたものも含まれる。

また特別対談として、松武秀樹と難波弘之の対談「アナログ・シンセ愛」も収録する。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『見て楽しむアナログ・シンセ図鑑』刊行、松武秀樹と難波弘之の対談も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて