冨田恵一のインタビューも 600枚紹介の『シティ・ソウル ディスクガイド』

小渕晃の編著書『シティ・ソウル ディスクガイド シティ・ポップと楽しむ、ソウル、AOR&ブルー・アイド・ソウル』が5月18日に刊行される。

音楽雑誌『bmr』の編集長を務め、現在はフリーライター、編集者の小渕晃。同書は、1970年代から2010年代の洋楽のソウル、AOR、ブルーアイドソウルのディスクガイドとなり、600枚の作品を様々な執筆陣のレビューと共に紹介する。

レビュー執筆陣には小渕のほか、梶本聡(ベイビー・レコーズ)、駒木野稔(diskunion、Kissing Fish Records)、関美彦(SUNDAY GIRLS)、高木壮太(CAT BOYS、井の頭レンジャーズ)、高橋一(思い出野郎Aチーム)、林剛、福田直木(BLUE PEPPERS)の8人が名を連ねている。

またさらに、冨田恵一(冨田ラボ)、クニモンド瀧口(流線形)、DJ JIN(ライムスター、breakthrough)、G.RINAのインタビューを掲載する。

書籍情報

関連リンク

  • HOME
  • Book
  • 冨田恵一のインタビューも 600枚紹介の『シティ・ソウル ディスクガイド』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて