約700点収録のフィリップ・ワイズベッカー作品集6月刊行、展示&サイン会も

『フィリップ・ワイズベッカー作品集』が6月20日に刊行。展覧会が明日5月25日から東京・目黒のCLASKAほかで開催される。

フランス・パリとスペイン・バルセロナを拠点に活動するアーティストのフィリップ・ワイズベッカー。JR東日本の広告「行くぜ、東北。」や東京駅の駅舎を描いた「とらや」の小型羊羹のパッケージなど日本でも広告や出版の仕事を手掛けている。

ワイズベッカーの集大成となる作品集には、2000年以降の作品約700点を収録。鉛筆で描かれた作品を中心に、立体など12のカテゴリーに分けて紹介するほか、パリのアトリエ取材やインスピレーションの源にもなるというコレクション、インタビューも掲載される。アートディレクションは2000年の日本での初個展以来、交流のある葛西薫が担当。

さらに同書の刊行を記念してワイズベッカーが来日。5月25日から東京・学芸大学のCLASKAで新作と旧作の展示およびサイン会、5月27日から幡ヶ谷のパールブックショップ&ギャラリーで新作の展示およびサイン会、5月28日に代官山蔦屋書店でサイン会を行なう。いずれの会場でも『フィリップ・ワイズベッカー作品集』の先行販売を実施。詳細は各会場のオフィシャルサイトで確認しよう。

書籍情報
  • HOME
  • Art,Design
  • 約700点収録のフィリップ・ワイズベッカー作品集6月刊行、展示&サイン会も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて