『RIJF』にももクロ、アジカン、清水ミチコ、鈴木愛理ら24組追加、日割も

野外音楽フェスティバル『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』の第3弾出演アーティストと出演日が発表された。

8月4日と5日、11日と12日の2週にわたって茨城・ひたちなかの国営ひたち海浜公園で開催される同イベント。今回出演が発表されたのは8月4日に出演するクリープハイプ、シシド・カフカ、鈴木愛理、THE BAWDIES、め組、8月5日に出演するASIAN KUNG-FU GENERATION、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、Plastic Tree、MY FIRST STORY、My Hair is Bad、MUCC、8月11日に出演する清水ミチコ、NICO Touches the Walls、MAN WITH A MISSION、MOSHIMO、ももいろクローバーZ、8月12日に出演する阿部真央、宇宙まお、岡崎体育、the GazettE、GLIM SPANKY、Czecho No Republic、04 Limited Sazabys、HEY-SMITHの24組となる。

チケットの第5次抽選先行受付は5月28日まで受付中。

イベント情報

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』

2018年8月4日(土)、8月5日(日)、8月11日(土・祝)、8月12日(日) 会場:茨城県 ひたちなか 国営ひたち海浜公園
8月4日出演: 雨のパレード 175R UVERworld m-flo エレファントカシマシ THE ORAL CIGARETTES キュウソネコカミ クリープハイプ go!go!vanillas SHE'S シシド・カフカ SUPER BEAVER 鈴木愛理 dustbox 10-FEET 東京スカパラダイスオーケストラ BIGMAMA フジファブリック Base Ball Bear THE BAWDIES め組 MONGOL800 LiSA and more 8月5日出演: ASIAN KUNG-FU GENERATION HY Aimer OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND 奥田民生 きゃりーぱみゅぱみゅ さユり サンボマスター SKY-HI & THE SUPER FLYERS スキマスイッチ sumika TOTALFAT Dragon Ash Nulbarich never young beach HYDE Plastic Tree フレデリック MY FIRST STORY My Hair is Bad マキシマム ザ ホルモン 松任谷由実 MUCC UNISON SQUARE GARDEN yonige レキシ and more 8月11日出演: androp 家入レオ indigo la End 打首獄門同好会 KANA-BOON 感覚ピエロ KEYTALK きのこ帝国 9mm Parabellum Bullet グッドモーニングアメリカ ゴールデンボンバー 清水ミチコ でんぱ組.inc ナオト・インティライミ NICO Touches the Walls ポルカドットスティングレイ MAN WITH A MISSION miwa MOSHIMO ももいろクローバーZ 夜の本気ダンス Little Glee Monster and more 8月12日出演: ACIDMAN 阿部真央 宇宙まお おいしくるメロンパン 大塚愛 岡崎体育 ORANGE RANGE the GazettE GOOD4NOTHING GLIM SPANKY ゲスの極み乙女。 SILENT SIREN JUN SKY WALKER(S) Superfly ストレイテナー Czecho No Republic Nothing's Carved In Stone パスピエ THE BACK HORN 04 Limited Sazabys BLUE ENCOUNT HEY-SMITH ヤバイTシャツ屋さん ROTTENGRAFFTY and more 料金: 1日券14,000円 8月4日、8月5日入場券26,500円 8月11日、8月12日入場券26,500円 4日通し券44,000円 1日駐車券付き入場券15,500円 8月4日、8月5日駐車券付き入場券29,500円 8月11日、8月12日駐車券付き入場券29,500円 4日通し駐車券付き入場券50,000円
  • HOME
  • Music
  • 『RIJF』にももクロ、アジカン、清水ミチコ、鈴木愛理ら24組追加、日割も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて