赤塚不二夫没後10年『フジオロック』にSRATM、LEO IMAI、マキタら追加

音楽と落語のイベント『フジオロックフェスティバル 2018』の第2弾出演者が明らかになった。

8月1日、2日の2日間にわたって東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催される同イベントは、漫画家・赤塚不二夫の没後10周年を迎えるにあたって実施。「ウケるためなら死んでもいい」という言葉を残した赤塚の遺志を受け継ぎ、「命日にみんなでバカ騒ぎすること」を掲げ、音楽や落語に加え、盆踊り企画『日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り「バカ盆踊り」』を行なう。

今回明らかになったのは、8月1日に出演するマキタスポーツ、既報の大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋のコラボ演奏に参加する二階堂和美、8月2日に出演するLEO IMAI、Sweet Robots Against The Machineの4組。LEO IMAIはLEO今井、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一(GREAT3)、Sweet Robots Against The MachineはTOWA TEI、砂原良徳、バカリズムで構成される。今後も追加出演者の発表を予定している。チケットの一般販売は6月16日12:00からスタート。

なおクラウドファンディングプラットフォーム「Readyfor」では、イベント制作支援のための企画を実施中。目標金額は400万円で、6月21日22:00までに同金額に達した場合のみプロジェクト成立となる。リターンには「イエーイ!写真なのだ!赤塚不二夫秘蔵写真コース」「お名前&お好きなキャラクター入りスペシャル提灯コース」などのプランが用意されている。

イベント情報

『フジオロックフェスティバル 2018』

2018年8月1日(水)、8月2日(木) 会場:東京都 恵比寿ガーデンプレイス
8月1日出演: 電気グルーヴ 大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋+二階堂和美 マキタスポーツ 柳家喬太郎 春風亭昇太 寒空はだか 林家彦いち 三遊亭白鳥 清水宏 立川吉笑 桃月庵白酒 立川生志 水道橋博士 柳家わさび and more 8月2日出演: THE BEATNIKS 矢野顕子 LEO IMAI Sweet Robots Against The Machine and more 料金: フジオ10年分のおバカ寄席 昼席なのだ券4,800円 夜席なのだ券4,800円 ボツ10年ライブ 8月1日券7,800円 8月2券7,800円 ※全チケット来場特典オリジナル扇子グッズ付 ※荒天の場合、一部コンテンツ中止の可能性あり
  • HOME
  • Music
  • 赤塚不二夫没後10年『フジオロック』にSRATM、LEO IMAI、マキタら追加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて