ニュース

赤塚不二夫没後10年『フジオロック』にSRATM、LEO IMAI、マキタら追加

『フジオロックフェスティバル 2018』ロゴ ©赤塚不二夫/フジオプロ
『フジオロックフェスティバル 2018』ロゴ ©赤塚不二夫/フジオプロ

音楽と落語のイベント『フジオロックフェスティバル 2018』の第2弾出演者が明らかになった。

8月1日、2日の2日間にわたって東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催される同イベントは、漫画家・赤塚不二夫の没後10周年を迎えるにあたって実施。「ウケるためなら死んでもいい」という言葉を残した赤塚の遺志を受け継ぎ、「命日にみんなでバカ騒ぎすること」を掲げ、音楽や落語に加え、盆踊り企画『日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り「バカ盆踊り」』を行なう。

今回明らかになったのは、8月1日に出演するマキタスポーツ、既報の大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋のコラボ演奏に参加する二階堂和美、8月2日に出演するLEO IMAI、Sweet Robots Against The Machineの4組。LEO IMAIはLEO今井、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一(GREAT3)、Sweet Robots Against The MachineはTOWA TEI、砂原良徳、バカリズムで構成される。今後も追加出演者の発表を予定している。チケットの一般販売は6月16日12:00からスタート。

なおクラウドファンディングプラットフォーム「Readyfor」では、イベント制作支援のための企画を実施中。目標金額は400万円で、6月21日22:00までに同金額に達した場合のみプロジェクト成立となる。リターンには「イエーイ!写真なのだ!赤塚不二夫秘蔵写真コース」「お名前&お好きなキャラクター入りスペシャル提灯コース」などのプランが用意されている。

マキタスポーツ
マキタスポーツ
LEO IMAI
LEO IMAI
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業