ニュース

アニメ『ピッグ -丘の上のダム・キーパー』が『アヌシー』グランプリ受賞

『ピッグ -丘の上のダム・キーパー』『アヌシー国際アニメーション映画祭2018』テレビ部門グランプリ「クリスタル賞」ビジュアル ©2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED
『ピッグ -丘の上のダム・キーパー』『アヌシー国際アニメーション映画祭2018』テレビ部門グランプリ「クリスタル賞」ビジュアル ©2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED

Huluのオリジナルアニメーション作品『ピッグ -丘の上のダム・キーパー』が、『アヌシー国際アニメーション映画祭2018』テレビ部門でグランプリ「クリスタル賞」を受賞した。

同作は、『第87回アカデミー賞』短編アニメ賞部門にノミネートされた『ダム・キーパー』の新シリーズとしてエリック・オーを監督に迎えて制作されたもの。主人公のブタの少年ピッグと転校生のフォックスの友情や、日常で発見する学びを描く。英語版のナレーションは『SHERLOCK』などに出演のラース・ミケルセン、日本語吹き替え版では柄本明が担当。総監督は『ダム・キーパー』の監督の1人である堤大介(トンコハウス)が務めた。原題は『PIG: The Dam Keeper Poems』。

今回の受賞を受けて、エリック・オー監督は「他のノミネート作品も素晴らしかったので、正直驚きました。とても小さなチームだっただけに一人一人の力量が問われましたが、その分、個人の充実感が大きかったと思います」とコメント。また堤大介総監督は「エリック監督のリーダーシップの元、少人数で素晴らしい作品を作ってくれました。この作品がアメリカと日本の共同制作であることの意味と、将来性を感じています」と述べている。

現在、全10話がHuluで配信中。7月18日にはBlu-rayおよびDVDがリリースされる。

エリック・オー監督のコメント

他のノミネート作品も素晴らしかったので、正直驚きました。とても小さなチームだっただけに一人一人の力量が問われましたが、その分、個人の充実感が大きかったと思います。

堤大介(トンコハウス)総監督のコメント

エリック監督のリーダーシップの元、少人数で素晴らしい作品を作ってくれました。この作品がアメリカと日本の共同制作であることの意味と、将来性を感じています。トンコハウスはこれからも日本とアメリカのアニメーション文化のコラボレーションを意識して作っていきたいと思います。

『アヌシー国際アニメーション映画祭2018』授賞式の模様 ©2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED
『アヌシー国際アニメーション映画祭2018』授賞式の模様 ©2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED
『ピッグ -丘の上のダム・キーパー』『アヌシー国際アニメーション映画祭2018』テレビ部門グランプリ「クリスタル賞」ビジュアル ©2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED
『ピッグ -丘の上のダム・キーパー』『アヌシー国際アニメーション映画祭2018』テレビ部門グランプリ「クリスタル賞」ビジュアル ©2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催