ニュース

『音量を上げろタコ!』W主題歌をHYDE×いしわたり淳治、あいみょんが提供

10月12日公開の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の主題歌と参加アーティストが発表された。

同作の主人公は、驚異の歌声を持ち、カリスマ的人気を誇りながら、「声帯ドーピング」で歌声を作っているという秘密を持つロックスターのシン。長年のドーピングの副作用で喉の限界を感じているシンが、異様に声の小さいストリートミュージシャン・ふうかと出会う、というあらすじだ。シン役に阿部サダヲ、ふうか役に吉岡里帆がキャスティング。監督は三木聡が務めた。

主題歌は、阿部サダヲ演じるシンが歌う“人類滅亡の歓び”と、吉岡里帆演じるふうかが歌う“体の芯からまだ燃えているんだ”の2曲。“人類滅亡の歓び”の作曲はHYDE(L'Arc~en~Ciel)、作詞はいしわたり淳治が手掛けた。HYDEといしわたりがタッグを組むのは今回が初。“人類滅亡の歓び”のバックバンド「EX MACHiNA」に参加したPABLO、KenKen(RIZE)、SATOKO(FUZZY CONTROL)は劇中にも登場する。“体の芯からまだ燃えているんだ”の作詞作曲はあいみょんが担当。アレンジと演奏はTHIS IS JAPANが行なった。

さらに挿入歌も発表。安部勇磨(never young beach)作詞作曲による“夏風邪が治らなくて”、橋本絵莉子(チャットモンチー)による“まだ死にたくない”“ゆめのな”、富澤タク(グループ魂、Number the.)による“遊ぶ金欲しさの犯行”、清水麻八子のボーカルと八十八ヶ所巡礼による“肩噛むな!”がラインナップしている。富澤と“遊ぶ金欲しさの犯行”の演奏に参加したKATARU(ニューロティカ)、NABO(ニューロティカ)、清水、八十八ヶ所巡礼らは本編にも出演。

HYDEは「監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑。シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。僕はドーピングしてませんよ!」、いしわたりは「『声帯をドーピングしてとんでもない声を出すカリスマ的ロックスターの歌詞なんですけど…』なんていう言葉で笑いながら始まる打ち合わせは、おそらくこの先の人生でも二度とないでしょう」とコメント。

またあいみょんは「あの日聴いた音や声、見たもの全てが今日の自分に語りかけてくるように、体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!」、三木聡監督は「HYDEさんといしわたりさんの曲、格好良すぎて脳下垂体からアドレナリンが噴出します。あいみょんさんは、心をグラグラと揺らされる歌を作って下さいました。阿部サダヲ・吉岡里帆という二人のパフォーマーがその曲に対してどう立ち向かっているのか、ご期待ください」とそれぞれ語っている。

HYDE(L'Arc~en~Ciel)のコメント

監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑。
シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。
僕はドーピングしてませんよ!

いしわたり淳治のコメント

「声帯をドーピングしてとんでもない声を出すカリスマ的ロックスターの歌詞なんですけど…」なんていう言葉で笑いながら始まる打ち合わせは、おそらくこの先の人生でも二度とないでしょう。廃退的で耽美的な歌詞。とても楽しい貴重な経験をさせて頂きました。

あいみょんのコメント

人生の先には、まだ知らない誰かとの出会いが想像つかないくらいに待っていて、その出会いが自分自身の人生を大きく変えていくかもしれない。そう思うと未来は爆発的に面白い。
あの日聴いた音や声、見たもの全てが今日の自分に語りかけてくるように、体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!

PABLOのコメント

ライブシーンで炸裂する「人類滅亡の歓び」の編曲では三木監督のアイデアに基づき、様々なサブカルとリンクした音楽的要素を詰め込めこみつつ、やりたい放題で最高に気持ちがいい音に仕上がりました!
映画に出演することが夢だったこともあり、作品と関わり最高の体験をさせていただきました。
是非、映画館の大音量で『EX MACHiNA』の轟音を『シン』の絶唱を全身に浴びてください!!

KenKen(RIZE)のコメント

今回は大好きな三木聡監督の作品に呼んでもらって、本当に嬉しかったです。
冒頭の少しの出演ですが、少しでも華を添えられたら幸いでございます。

SATOKO(FUZZY CONTROL)のコメント

最高に楽しくて刺激的な映画と楽曲に携わらせて頂き幸せです。
音楽演奏のみならず、阿部サダヲさんのバンドメンバーとして役も頂いて光栄の極みです。
三木ワールドの住人たちは本当にぶっ飛んでいます。故にメイクが奇抜すぎて誰だかわからないかも…。笑

杉森ジャック(THIS IS JAPAN)のコメント

音量を上げろ!と言われなくても音量を上げがちなバンドである我々ですが、観終わった後にはもっともっと音量を上げたい!とテンションが上がってしまいました。大好きな作品です。
エネルギーとエモーションに満ちた「音タコ」に、少しでも携われたことを誇りに思います。

安部勇磨(never young beach)のコメント

この映画は笑って観る映画です。恥ずかしがらず、たくさん笑いましょう。

橋本絵莉子(チャットモンチー)のコメント

声が小さく、気も小さいボーカリストの曲を作って下さいとお願いされた時は、私の得意分野かもしれないと思いました。普段の私に近いからです。
歌詞も、私半分、ふうか半分の割合で完成しました。楽しかったです。

富澤タク(グループ魂、Number the.)のコメント

当時のパンク、ニューウエーブに思いを馳せながら、三木監督と作詞の共作までさせていただきつつ、楽曲制作をやらせてもらいました。そのうえ微妙に出演までさせていただき(直視しないでください(苦笑))感謝の念に堪えません。今年の音楽映画はコレで決まりっしょ!

マーガレット廣井(八十八ヶ所巡礼)のコメント

監督のキ●ガイ的な歌詞のおかげで、我々だけでは絶対に作れなかったキ●ガイじみた曲ができました。監督に感謝です。

三木聡監督のコメント

同作の音楽について
この作品の音楽を最強のメンバーでやれたことは、本作をやってよかったと思えることのひとつです。
参加して下さった、どのアーティストも最強過ぎ。ちょっとしたフェス状態で心も体も震えます。

ダブル主題歌について
HYDEさんといしわたりさんの曲、格好良すぎて脳下垂体からアドレナリンが噴出します。
あいみょんさんは、心をグラグラと揺らされる歌を作って下さいました。
阿部サダヲ・吉岡里帆という二人のパフォーマーがその曲に対してどう立ち向かっているのか、ご期待ください。

左上から時計回りにHYDE、あいみょん、作品ビジュアル、いしわたり淳治 ©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
左上から時計回りにHYDE、あいみょん、作品ビジュアル、いしわたり淳治 ©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
HYDE
HYDE
いしわたり淳治
いしわたり淳治
あいみょん
あいみょん
橋本絵莉子
橋本絵莉子
never young beach
never young beach
PABLO
PABLO
SATOKO
SATOKO
KenKen
KenKen
THIS IS JAPAN
THIS IS JAPAN
KATARU
KATARU
NABO
NABO
画像を拡大する(16枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察