世界の舞台芸術集う『F/T18』にピチェ・クランチェン、山本卓卓、森栄喜ら

『フェスティバル/トーキョー18』の参加アーティストが発表された。

2009年から開催されている『フェスティバル/トーキョー』は、国内外のアーティストによる作品を紹介する国際舞台芸術祭。11回目を迎える今回は、10月13日から37日間にわたって東京・池袋の東京芸術劇場、あうるすぽっと、南池袋公園ほかで開催される。

参加するアーティストとカンパニーは、国外から参加する「アジアシリーズ vol.5」と国内から参加する「まちなかパフォーマンスシリーズ」に分類されている。「アジアシリーズ vol.5」にはタイから2回目の参加となるピチェ・クランチェン、バングラデシュの劇団ショプノ・ドル、カンボジアのアーティストであるローモールピッチ・リシーが参加。「まちなかパフォーマンスシリーズ」には小田桐奨と中嶋哲矢によるユニットL PACK.、共同創作となる坂田ゆかり×稲継美保×田中教順、俳優・福田毅、写真家・森栄喜が名を連ねている。

またマレビトの会、イランのナシーム・スレイマンプール、劇作家で演出家の山本卓卓らも参加する。プログラムの詳細は7月中旬の発表を予定。チケットの販売は9月上旬からを予定している。

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー18』

2018年10月13日(土)~11月18日(日) 会場:東京都 池袋 あうるすぽっと、東京芸術劇場、南池袋公園ほか
参加アーティスト: ピチェ・クランチェン ショプノ・ドル ローモールピッチ・リシー L PACK. 坂田ゆかり×稲継美保×田中教順 福田毅 森栄喜 マレビトの会 ナシーム・スレイマンプール 山本卓卓 ほか
  • HOME
  • Stage
  • 世界の舞台芸術集う『F/T18』にピチェ・クランチェン、山本卓卓、森栄喜ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて