ニュース

東出昌大主演、三島由紀夫『豊饒の海』舞台化 「役者になって最大の試練」

『豊饒の海』キャスト
『豊饒の海』キャスト

舞台『豊饒の海』が、11月7日から東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA、12月8日から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

パルコによる公演シリーズ『2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”』の第1弾として、三島由紀夫の長編小説『豊饒の海』を舞台化する同公演。原作は三島が執筆に約6年を費やした作品で、『春の雪』『奔馬』『暁の寺』『天人五衰』の全4巻で構成される。今回は4作を1つの舞台作品として創作し、20歳で命を落とした松枝清顕に憧れ続け、取りつかれた男・本多繁邦を軸に物語を展開する。

「美」を象徴する松枝清顕役を演じるのは東出昌大。清顕の影を追い続ける本多繁邦の老齢時代を笈田ヨシ、中年時代を首藤康之、青年時代を大鶴佐助が演じる。さらに3つの黒子を持つ清顕の生まれ変わりとして宮沢氷魚、上杉柊平らが出演。また神野三鈴、初音映莉子も共演者に名を連ねる。

翻案・脚本を手掛けるのはてがみ座を主宰する長田育恵。演出はロンドンのオールドヴィックシアターのアソシエイトディレクターを務めるマックス・ウェブスターが担当。ウェブスターが日本で演出を手掛けるのは、2015年の『メアリー・ステュアート』以来となる。

主演の東出昌大は「思春期より三島由紀夫の虜になり、その作品の多くを読んできた私は、『豊饒の海』の舞台化を聞き震えました。役者になって最大の試練になると思います。持てる全てを注ぎ込みます。三島世界の再現を、楽しみに待っていて下さい」とのコメントを寄せている。

東京公演は11月3日から5日までプレビュー公演が行なわれる。東京公演のチケットは8月26日から販売開始。

なお『2018 PARCO PRODUCE “三島×MISHIMA”』の第2弾は、三島の『命売ります』を原作にした『命売ります―ライフ・フォア・セイル―』。台本と演出はノゾエ征爾が手掛ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化