ニュース

ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

連続ドラマ『恋のツキ』の追加キャストが発表された。

7月26日からテレビ東京、7月31日からBSジャパンで放送、11月30日からNetflixで配信される同作は、新田章の同名漫画が原作。アルバイト先の映画館で男子高校生・伊古ユメアキと出会った31歳の主人公・平ワコが、同棲中の恋人・青井ふうたがいながら16歳下の伊古への気持ちを抑えきれず、ふうたとの結婚と伊古との恋愛の間で揺れ動く様を描く。ワコ役を徳永えり、ふうた役を渡辺大知(黒猫チェルシー)、ワコと惹かれ合う15歳の伊古役を神尾楓珠が演じる。

今回出演が明らかになったのは、土屋情役の安藤政信とサカキサトコ役の今泉佑唯(欅坂46)。土屋はワコの元恋人でスマホアプリの会社に勤務する会社員、サカキは伊古に思いを寄せ、彼の映画制作を手伝うクラスメイト、というキャラクターだ。

安藤政信は同作について「脚本を読んだ時すごく際どい10代との恋だったり、世間では絶対許さないようなシチュエーションをどうゆう風に演出していくのか挑戦的な作品だと思いました」とコメント。また今泉佑唯は自身の役柄について「演じさせて頂くサカキが自分と被る所がたくさんあって嬉しかったです」と述べている。

またプロデューサーの大和健太郎はキャスティングについて「土屋を演じる安藤政信さんはテレビ東京初出演!!そしてサカキを演じる今泉佑唯さんも単独としてはドラマ初出演ということで、このドラマ『恋のツキ』で原作のイメージ通りの二人が“土屋”“サカキ”を演じる姿を観れるのがとても楽しみです」と語った。

安藤政信のコメント

今、勢いのあるテレビ東京深夜枠のドラマに参加できることをすごく幸せに思います。
脚本を読んだ時すごく際どい10代との恋だったり、世間では絶対許さないようなシチュエーションをどうゆう風に演出していくのか挑戦的な作品だと思いました。
僕は、テレビ東京では初めましてなのでまずは芝居を見てくれたら嬉しいです。

今泉佑唯(欅坂46)のコメント

最初、お話を頂いた時は凄くびっくりして信じられない気持ちでいっぱいでしたが、演じさせて頂くサカキが自分と被る所がたくさんあって嬉しかったです。本当は好きなのに強がる女の子を演じさせていただくのでそこを見ていただけたらと思います。

大和健太郎(テレビ東京)のコメント

土屋を演じる安藤政信さんはテレビ東京初出演!!そしてサカキを演じる今泉佑唯さんも単独としてはドラマ初出演ということで、このドラマ「恋のツキ」で原作のイメージ通りの二人が“土屋”“サカキ”を演じる姿を観れるのがとても楽しみです。
ワコ(徳永えり)、ふう(渡辺大知)、伊古(神尾楓珠)のトライアングル恋愛模様から、土屋(安藤政信)、サカキ(今泉佑唯)も加わり、一体どうような展開が待ち受けているのか!?怒涛の後半戦もお楽しみ頂ければと思います。

土屋情役を演じる安藤政信 ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
土屋情役を演じる安藤政信 ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
新田章『恋のツキ』より土屋情 ©新田 章/講談社
新田章『恋のツキ』より土屋情 ©新田 章/講談社
サカキサトコ役を演じる今泉佑唯(欅坂46) ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
サカキサトコ役を演じる今泉佑唯(欅坂46) ©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会
新田章『恋のツキ』よりサカキサトコ ©新田 章/講談社
新田章『恋のツキ』よりサカキサトコ ©新田 章/講談社
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く 1

    IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く

  2. ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年 2

    ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年

  3. 西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい 3

    西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

  4. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編) 4

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編)

  5. TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの 5

    TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの

  6. 元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も 6

    元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も

  7. 佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇 7

    佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇

  8. 宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送 8

    宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送

  9. 吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』 9

    吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』

  10. 君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感 10

    君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感