ニュース

エキソニモ×YCAM『メディアアートの輪廻転生』展 「作品の死」から考える

アートユニット・エキソニモが共同キュレーターを務める展覧会『メディアアートの輪廻転生』が、10月28日まで山口・山口情報芸術センター[YCAM]で開催される。

千房けん輔と赤岩やえによるエキソニモは、1996年からインターネット上で活動を開始。2000年からインスタレーションや、ソフトウェア、デバイス、ライブパフォーマンス、イベントプロデュースなど活動の幅を広げ、2006年に『アルス・エレクトロニカ』ネットビジョン部門ゴールデン・ニカ賞を受賞した。同年に山口情報芸術センター[YCAM]で個展『WORLD B/意識を裏返し、B面をPLAYせよ』を開催。2015年から活動の拠点をニューヨークに移している。

故障や技術環境の変化によって動かせなくなるなど、作品を残す上で多くの困難を抱えたメディアアート作品に着目する『メディアアートの輪廻転生』では、山口情報芸術センター[YCAM]と関わりのある100人を超えるアーティストに実施したアンケートをもとに、従来の作品保存とは異なる視点で作品の「死」と「転生」について模索。会場には巨大な『メディアアートの墓』が設置され、その中に「死」を迎えた作品群を展示する。

参加アーティストは岩井俊雄、エキソニモ、江渡浩一郎、高嶺格、徳井直生、八谷和彦、藤幡正樹、ラファエル・ロサノ=ヘメル、ナムジュン・パイク。10月13日には梅田哲也によるパフォーマンスが行なわれる。詳細は山口情報芸術センター[YCAM]のオフィシャルサイトで確認しよう。

エキソニモのコメント

未来を照らし出すと捉えられている“メディアアート”の寿命は実は短い。機材を作品に含んでいるだけに壊れたら動かなくなってしまう。OSがアップデートしただけで動かなくなる作品も多い。
その維持の難しさは、近年世界中の美術館でホットなトピックになっている。
そんな儚いメディアアートからなる「アートの魂のありか」について、新しい切り口で考えてみることができるのではないだろうか。
今年15周年を迎えるYCAMのスタッフたちとの議論の中から今回のテーマが浮かび上がってきた。
「メディアアートの輪廻転生」とは?過去にYCAMと関わってきたアーティストへと投げかけた問いへの返答から、それぞれが持つアートの死生観を紐解きます。それは、アートだけの問題ではなくて、私たちが生きていく中で大切にするべき“価値”とはなんだろう、それは“どこ”にあるんだろう、という普遍的な問いへとつながってくるかもしれません。常に新しく前に進む事が求められるメディアアートが、いや、現代の私たちが、ふと足を止め少し考えを深めてみる機会になれば、と思っています。

『メディアアートの輪廻転生』メインビジュアル(デザイン:加藤賢策/LABORATORIES、
画像提供:山口情報芸術センター[YCAM])
『メディアアートの輪廻転生』メインビジュアル(デザイン:加藤賢策/LABORATORIES、 画像提供:山口情報芸術センター[YCAM])
YCAMのホワイエに出現する『メディアアートの墓』のイメージ図(画像提供:山口情報芸術センター[YCAM])
YCAMのホワイエに出現する『メディアアートの墓』のイメージ図(画像提供:山口情報芸術センター[YCAM])
エキソニモ Photo by Niko
エキソニモ Photo by Niko
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い