ニュース

エキソニモ×YCAM『メディアアートの輪廻転生』展 「作品の死」から考える

アートユニット・エキソニモが共同キュレーターを務める展覧会『メディアアートの輪廻転生』が、10月28日まで山口・山口情報芸術センター[YCAM]で開催される。

千房けん輔と赤岩やえによるエキソニモは、1996年からインターネット上で活動を開始。2000年からインスタレーションや、ソフトウェア、デバイス、ライブパフォーマンス、イベントプロデュースなど活動の幅を広げ、2006年に『アルス・エレクトロニカ』ネットビジョン部門ゴールデン・ニカ賞を受賞した。同年に山口情報芸術センター[YCAM]で個展『WORLD B/意識を裏返し、B面をPLAYせよ』を開催。2015年から活動の拠点をニューヨークに移している。

故障や技術環境の変化によって動かせなくなるなど、作品を残す上で多くの困難を抱えたメディアアート作品に着目する『メディアアートの輪廻転生』では、山口情報芸術センター[YCAM]と関わりのある100人を超えるアーティストに実施したアンケートをもとに、従来の作品保存とは異なる視点で作品の「死」と「転生」について模索。会場には巨大な『メディアアートの墓』が設置され、その中に「死」を迎えた作品群を展示する。

参加アーティストは岩井俊雄、エキソニモ、江渡浩一郎、高嶺格、徳井直生、八谷和彦、藤幡正樹、ラファエル・ロサノ=ヘメル、ナムジュン・パイク。10月13日には梅田哲也によるパフォーマンスが行なわれる。詳細は山口情報芸術センター[YCAM]のオフィシャルサイトで確認しよう。

エキソニモのコメント

未来を照らし出すと捉えられている“メディアアート”の寿命は実は短い。機材を作品に含んでいるだけに壊れたら動かなくなってしまう。OSがアップデートしただけで動かなくなる作品も多い。
その維持の難しさは、近年世界中の美術館でホットなトピックになっている。
そんな儚いメディアアートからなる「アートの魂のありか」について、新しい切り口で考えてみることができるのではないだろうか。
今年15周年を迎えるYCAMのスタッフたちとの議論の中から今回のテーマが浮かび上がってきた。
「メディアアートの輪廻転生」とは?過去にYCAMと関わってきたアーティストへと投げかけた問いへの返答から、それぞれが持つアートの死生観を紐解きます。それは、アートだけの問題ではなくて、私たちが生きていく中で大切にするべき“価値”とはなんだろう、それは“どこ”にあるんだろう、という普遍的な問いへとつながってくるかもしれません。常に新しく前に進む事が求められるメディアアートが、いや、現代の私たちが、ふと足を止め少し考えを深めてみる機会になれば、と思っています。

『メディアアートの輪廻転生』メインビジュアル(デザイン:加藤賢策/LABORATORIES、
画像提供:山口情報芸術センター[YCAM])
『メディアアートの輪廻転生』メインビジュアル(デザイン:加藤賢策/LABORATORIES、 画像提供:山口情報芸術センター[YCAM])
YCAMのホワイエに出現する『メディアアートの墓』のイメージ図(画像提供:山口情報芸術センター[YCAM])
YCAMのホワイエに出現する『メディアアートの墓』のイメージ図(画像提供:山口情報芸術センター[YCAM])
エキソニモ Photo by Niko
エキソニモ Photo by Niko
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら