裏・贅沢貧乏『れんしゅう』明日から上演 アフタートークに前田司郎ら

贅沢貧乏の新作舞台『裏・贅沢貧乏「れんしゅう」』が、明日8月2日から東京・池袋のスタジオ空洞で上演される。

2012年に山田由梨が旗揚げし、5年間で13作品を発表してきた贅沢貧乏。今回上演される『れんしゅう』は、兵庫・城崎国際アートセンターでの3週間にわたる滞在制作で、メソッド作りを目的に取り組んだ『肉味噌プロジェクト』から生まれた実験的短編作品となる。出演者は田島ゆみか(贅沢貧乏)、大竹このみ(贅沢貧乏)、青山祥子、武井琴。

終演後には山田とゲストとのトークイベントを実施。8月2日にはたなべひろこ、8月3日には石山蓮華、佐々木文美(快快)、8月4日には池田亮(ゆうめい)、前田司郎(五反田団)、8月5日には和田夏実、同公演のキャストが登壇する。

山田由梨のコメント

この度、裏・贅沢貧乏として「れんしゅう」という作品を上演することになりました。
いつもの贅沢貧乏ではなく、裏・贅沢貧乏です。
なにが裏だよって感じですが、いつもの贅沢貧乏とは違うスタイルで、贅沢貧乏の内側というか、根源的なものというか、裏の顔というか、をお見せしたいと思います。
今年3月に滞在していた城崎国際アートセンターでは、作品をつくるとは決めず、我が家(劇団)の肉味噌(メソッド)をつくるために毎日稽古していました。
その中で偶然できあがったのが、この「れんしゅう」です。
城崎での、のびのびとした何にも追われない環境で、気ままに日々稽古をし、いつの間にかできてしまった作品です。
台本を作ってそれに沿って作品を作っていくのとは、全く違うプロセスから生まれた、台本なしの半即興的パフォーマンスです。
初めて見る方も、これまで贅沢貧乏を見てきた方も是非お越しください。
いつもと違うけどやっぱり贅沢貧乏だと思います。裏の。

イベント情報

贅沢貧乏
『裏・贅沢貧乏「れんしゅう」』全7公演

2018年8月2日(木)~8月5日(日) 会場:東京都 池袋 スタジオ空洞
作・演出:山田由梨(贅沢貧乏) 出演: 田島ゆみか(贅沢貧乏) 大竹このみ(贅沢貧乏) 青山祥子 武井琴 料金:前売2,000円 当日2,500円

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 裏・贅沢貧乏『れんしゅう』明日から上演 アフタートークに前田司郎ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて