植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も

植本一子の著書『フェルメール』が9月25日に刊行される。

同書は、写真家の植本一子が約3週間にわたって欧米7か国17の美術館を巡り、ヨハネス・フェルメールの現存する全作品35点を取材したフェルメール作品集。斜めや正面からのクローズアップで撮り下ろしたフェルメールの写真に加えて、フェルメール作品の展示方法や、来場者の様子、フェルメール作品を所蔵する美術館の外観を捉えた写真も収録される。

さらにオランダ・アムステルダム、オーストリア・ウィーン、ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、イギリス・ロンドン、アイルランド・ダブリン、アメリカ・ニューヨーク、ワシントンで執筆された約5万字の紀行文、オランダ・デン・ハーグのマウリッツハイス美術館の修復家サブリナ・メローニの寄稿文も掲載。

また、9月21日から東京・乃木坂のBooks and Modern + Blue Sheep Galleryでは『出版記念「フェルメール 植本一子」展』を開催。『フェルメール』のために撮影された写真約100点と紀行文の一部を発表するほか、同書の先行発売も行なわれる。

書籍情報

『フェルメール』

2018年9月25日(火)発売 著者:植本一子 価格:2,160円(税込) 発行:ナナロク社、ブルーシープ
  • HOME
  • Book
  • 植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて