ニュース

『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

『このマンガがすごい!』ポスタービジュアル ©「このマンガがすごい!」製作委員会
『このマンガがすごい!』ポスタービジュアル ©「このマンガがすごい!」製作委員会

10月5月からテレビ東京、テレビ大阪ほかで放送されるドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』のポスタービジュアルが公開。あわせてオープニングテーマとエンディングテーマが発表された。

同番組は、毎回ゲスト出演する役者たちが自ら実写化したい漫画を選び、独自の役作りで漫画キャラクターと一体化するまでの挑戦を記録した作品。ナビゲーターを蒼井優が務め、俳優たちと演技論を展開する。監督は松江哲明。

ポスタービジュアルには、蒼井優をはじめ、『龍 -RON-』の実写化に挑む東出昌大、『うしおととら』の実写化に挑む森山未來、『少女革命ウテナ』の実写化に挑む山本美月、『行け!稲中卓球部』の実写化に挑む新井浩文と山本浩司、『NHKにようこそ!』の実写化に挑む森川葵らの姿が写し出されている。

オープニングテーマに起用されたのはアンジュルムの“タデ食う虫も Like it!”。以前からアンジュルムのファンを公言する蒼井優の希望で起用が実現し、オープニング映像では蒼井がアンジュルムの振付を一部披露するという。オープニング映像は毎回異なり、何回目の放送で蒼井の振付が見ることができるのかは明かされていない。“タデ食う虫も Like it!”はヒャダインこと前山田健一が作詞作曲を担当し、10月31日にリリースされる。

エンディングテーマは前野健太が担当。毎回本編の内容に関連した歌詞を書き下ろした新曲を制作する。

アンジュルムは「蒼井優さんとこのような形で一緒にお仕事させていただけること、そして私達の曲がドラマのオープニングテーマになるなんて、夢にも思っていませんでした。とても嬉しく思います」とコメント。

前山田健一は“タデ食う虫も Like it!”について「アンジュルムに楽曲提供できて大変光栄です!友人である蒼井優がナビゲーターである作品を彩る、ともあって気合十分で臨みましたが、書き直しにつぐ書き直し!裏ではサグラダファミリアと呼んでおりました。ハロプロはんぱねー。しかし、我ながらアンジュルムの力強さを出せたのではないかと思ってます」と明かしている。

前野健太は「松江さんから、毎回違うエンディングとかどうですかね、とお誘いをもらいました。相変わらず無茶なこと言うなーと思いました。でも編集された映像を見て、簡単にやれる、と思いました。一話一話、見たことのない歌心が爆発していて、それを集めればいいだけの話でした。役者ってすごい」とのコメントを寄せている。

アンジュルムのコメント

この度、「このマンガがすごい!」のオープニングテーマを私達アンジュルムが務めさせていただくことになりました。蒼井優さんとこのような形で一緒にお仕事させていただけること、そして私達の曲がドラマのオープニングテーマになるなんて、夢にも思っていませんでした。とても嬉しく思います。私達アンジュルムは、年齢、活動歴、爆発する個性の差を認め、まさに十人十色なメンバーが集まったグループです。そんな私達が歌う「タデ食う虫も Like it!」でエネルギッシュなオープニングをお届けしていきたいです。

前山田健一のコメント

今回アンジュルムに楽曲提供できて大変光栄です!友人である蒼井優がナビゲーターである作品を彩る、ともあって気合十分で臨みましたが、書き直しにつぐ書き直し!
裏ではサグラダファミリアと呼んでおりました。ハロプロはんぱねー。しかし、我ながらアンジュルムの力強さを出せたのではないかと思ってます。
「愛する」ということに上も下もない、という肯定感溢れる歌詞になってます。
ぜひドラマと共に楽曲も楽しんでください!

前野健太のコメント

松江さんから、毎回違うエンディングとかどうですかね、とお誘いをもらいました。相変わらず無茶なこと言うなーと思いました。でも編集された映像を見て、簡単にやれる、と思いました。一話一話、見たことのない歌心が爆発していて、それを集めればいいだけの話でした。役者ってすごい。

アンジュルム
アンジュルム
前野健太
前野健太
蒼井優 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
蒼井優 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
アンジュルム『タデ食う虫も Like it!』ジャケット
アンジュルム『タデ食う虫も Like it!』ジャケット
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら