森山未來が『うしおととら』実写化に挑む、『このマンガがすごい!』予告編

ドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』の予告編と新たな場面写真が公開された。

10月5日からテレビ東京、テレビ大阪ほかで放送される同番組は、毎回ゲスト出演する役者たちが自ら実写化したい漫画を選び、独自の役作りで漫画キャラクターと一体化するまでの挑戦を記録した作品。ナビゲーターを蒼井優が務め、俳優たちと演技論を展開する。監督は松江哲明。

第1回は『森山未來の「うしおととら」』。原作は『第37回小学館漫画賞』少年部門を受賞した藤田和日郎の『うしおととら』で、中学生の蒼月潮と500年の封印から解き放たれた「とら」の織り成す物語を描いている。森山は主人公の蒼月潮役に挑戦。公開された場面写真には、森山演じる潮が上半身裸で「獣の槍」を携える姿や、潮と漫画の紙面を合成させたシーンなどが写し出されている。

あわせて原作者の藤田和日郎のコメントも公開。オーディションに参加したという藤田は「『うしおととら』を選んでくださって森山さんありがとう!体幹が安定していてかっこよかったなあ。いつかお話ししましょー!ただね。漫画家って自分の考えたセリフを読まれると、悶え死ぬんですよ。(笑)あはは、これからの犠牲者にカンパーイ!」と述べている。

『ドラマ25』のオフィシャルTwitterアカウントではプレゼントキャンペーンを実施中。10月5日25:00までにアカウントをフォローし、該当ツイートをリツイートすると、抽選で5人に『このマンガがすごい!』のポスターが当たる。またドラマのオフィシャルサイトでは、ポスター画像のダウンロードが可能となっている。

藤田和日郎のコメント

なんだこの番組!何が始まった?!と思いましたが、強烈な理想のあるお芝居の熱気に満ちたオーディションの場というモノをバッチリ見せていただきました!
その理想に『うしおととら』を選んでくださって森山さんありがとう!
体幹が安定していてかっこよかったなあ。いつかお話ししましょー!
ただね。漫画家って自分の考えたセリフを読まれると、悶え死ぬんですよ。(笑)
あはは、これからの犠牲者にカンパーイ!
少年サンデー 藤田和日郎

番組情報

ドラマ25『このマンガがすごい!』

2018年10月5日(金)から毎週金曜深夜24:52~25:23までテレビ東京、テレビ大阪ほかで放送
監督:松江哲明 オープニングテーマ:アンジュルム“タデ食う虫も Like it!” エンディングテーマ:前野健太 出演: 蒼井優 新井浩文&山本浩司 神野三鈴 塚本晋也 でんでん 中川大志 東出昌大 平岩紙 森川葵 森山未來 山本美月
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 森山未來が『うしおととら』実写化に挑む、『このマンガがすごい!』予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて