『NEWTOWN』体育館&音楽室ライブに曽我部恵一、おとぎ話、阿部芙蓉美ら

11月10日と11日に東京・多摩センターの小学校跡地・デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオで開催されるCINRA主催のイベント『NEWTOWN 2018』のライブ企画が発表された。

今回明らかになったのは、体育館で開催される『NEWTOWNジャム・コンサート』と、音楽室で開催される『NEWTOWNフォークジャンボリー@音楽室』。『NEWTOWNジャム・コンサート』の第1弾出演アーティストには阿部芙蓉美、おとぎ話、折坂悠太(合奏)、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、曽我部恵一、betcover!!、ロロ×EMCの7組がラインナップしている。

『NEWTOWNフォークジャンボリー@音楽室』は、アコースティックギター1本もしくはピアノと、生声のみを基本コンセプトに、音楽室で行なう弾き語りライブ。第1弾アーティストとして入江陽、国府達矢、清水煩悩、SEVENTEEN AGAiN(アコースティックセット)、田中ヤコブ、一人キイチビール、真舘晴子(The Wisely Brothers)、ミゾベリョウ&井上拓哉(odol)の8組の出演が明らかになった。

「みんなでつくる、新しい文化祭」をキャッチコピーに掲げる『NEWTOWN 2018』。当日は音楽ライブに加え、美術展、映画上映、演劇・ダンス公演、落語、ポエトリーリーディング、のど自慢大会、トークショー、盆踊り、ワークショップ、子供の遊び場など様々なプログラムが企画されている。各ラインナップの詳細や追加情報は随時発表される予定だ。

また現在『NEWTOWN 2018』ではボランティアメンバー、のど自慢大会の参加者、参加希望団体を募集中。応募は専用フォームから受け付けている。

イベント情報

『NEWTOWN 2018』

2018年11月10日(土)、11月11日(日) 会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校) 時間:10:30~19:00(予定) 料金:無料 ※一部プログラムは有料
  • HOME
  • Music
  • 『NEWTOWN』体育館&音楽室ライブに曽我部恵一、おとぎ話、阿部芙蓉美ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて