ギドラがゴジラに食らいつく 『GODZILLA』最終章の主題歌入り予告編公開

アニメーション映画『GODZILLA 星を喰う者』の予告編が公開された。

11月9日から全国で公開される同作は、ゴジラ映画初のアニメーション作品となった『GODZILLA』シリーズ3部作の最終章。「怪獣惑星」と化した2万年後の地球を舞台に、「怪獣を倒すために自らも怪獣になってはいけない」という信念を持ち、「『人』として何を為すべきか」を自問する主人公・ハルオの葛藤や、体高300mを超える史上最大のゴジラ「ゴジラ・アース」と高次元怪獣「ギドラ」の戦いなどを描く。

XAIが歌う主題歌“live and die”を使用した予告編では、ハルオの「ゴジラにはもう勝てない」という言葉や、ハルオが脳死状態になった幼なじみ・ユウコのそばで俯く姿、異星人の神官メトフィエスに「ゴジラをゴジラたらしめるもの、それは君の憎しみなんだ」と告げられる様子、「この星が選ぶのは<滅びの救済>か<命の繋ぎ>か」というコピー、ギドラがゴジラ・アースに食らいつくシーンなどが確認できる。

あわせて新たな場面写真も公開。苦悶の表情を浮かべるハルオの姿や、ゴジラ・アースが熱線攻撃を繰り出すシーン、ギドラがゴジラ・アースにまとわりつく場面などが写し出されている。

『GODZILLA 星を喰う者』は10月25日から開催される『第31回東京国際映画祭』のクロージング作品に選出。11月3日の「ゴジラの日」にはキャストの宮野真守らが登壇するワールドプレミア上映会が行なわれる。また、10月19日から『機動戦士ガンダムNT』とのコラボレーションクリアファイルが付属する前売鑑賞券が数量限定で販売。

作品情報

『GODZILLA 星を喰う者』

2018年11月9日(金)に全国公開
監督:静野孔文、瀬下寛之 ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス) アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ 音楽:服部隆之 主題歌:XAI“live and die” 声の出演: 宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶裕貴 小野大輔 堀内賢雄 中井和哉 山路和弘 上田麗奈 小澤亜李 早見沙織 鈴村健一 配給:東宝映像事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ギドラがゴジラに食らいつく 『GODZILLA』最終章の主題歌入り予告編公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて