ニュース

カン・ドンウォン主演×伊坂幸太郎原作 韓国版『ゴールデンスランバー』

韓国映画『ゴールデンスランバー』が、2019年1月12日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

2010年に堺雅人主演で映画化された伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』。韓国版の映画は、人気アイドルを強盗から救ったことで国民的ヒーローになった宅配ドライバーのゴヌが次期大統領候補者の暗殺犯に仕立て上げられ、警察に追われながら巨大な陰謀に立ち向かう、というあらすじだ。

優しく誠実なゴヌ役を演じるのはカン・ドンウォン。「お前を暗殺犯に仕立てるのが『組織』の狙いだ。誰も信じるな、生きろ!」とゴヌに告げ、目の前で自爆する友人のムヨル役をユン・ゲサンが演じるほか、キム・ウィソン、キム・ソンギュン、キム・デミョン、ハン・ヒョジュらがキャストに名を連ねる。監督はノ・ドンソク。

撮影ではソウルの光化門広場で韓国映画初となるロケを敢行。原作者の伊坂幸太郎は「オリジナルのアイディアが盛り込まれ、カン・ドンウォンさんの魅力が炸裂するソウル版『ゴールデンスランバー』、楽しませていただきました!」とコメントを寄せている。テーマソングはThe Beatlesの“Golden Slumbers”。

『ゴールデンスランバー』ポスタービジュアル ©2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED
『ゴールデンスランバー』ポスタービジュアル ©2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル