デヴィッド・ボウイ題材の浮世絵作品がイギリス・大英博物館に所蔵

デヴィッド・ボウイを題材にした浮世絵作品が、イギリス・ロンドンの大英博物館に所蔵された。

所蔵されたのは、浮世絵職人の技術伝承を目的に2014年に立ち上げられたプロジェクト「UKIYO-E PROJECT」のシリーズ第3弾として制作された『出火吐暴威変化競(デヴィッドボウイへんげきょう)』の『竹沢藤次』と『鬼童丸』の2作品。今年6月から限定数販売されている作品で、『Diamond Dogs』プロモーション時に写真家テリー・オニールよって撮影された1974年の写真と、1973年のアルバム『Aladdin Sane』のジャケット撮影時にブライアン・ダフィが撮影した写真をモチーフに、絵師、彫師、摺師によって半年かけて制作された。

なお「UKIYO-E PROJECT」は、2019年秋にオーストリア応用美術館で、同館が所蔵する江戸時代の浮世絵コレクションと、同プロジェクトが手掛けてきたKISSやIron Maidenとのコラボを含む作品や版木などをあわせて展示する企画を予定している。

  • HOME
  • Art,Design
  • デヴィッド・ボウイ題材の浮世絵作品がイギリス・大英博物館に所蔵

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて