ニュース

細川展裕の自叙伝『演劇プロデューサーという仕事』刊行 古田新太ら登場

細川展裕の著書『演劇プロデューサーという仕事 「第三舞台」「劇団☆新感線」はなぜヒットしたのか』が10月25日に刊行された。

1958年に愛媛で生まれた演劇プロデューサーの細川展裕。レコード会社勤務を経て、1985年に幼なじみでもある鴻上尚史が主宰する劇団・第三舞台に参加し、2000年には劇団☆新感線を運営する株式会社ヴィレッヂの代表取締役に就任した。現在は会長を務める。

細川展裕にとって初の自叙伝となる同書は、「ロックと文学と三種の神器」「走り続ける第三舞台」「新感線という人生の大仕事」「未踏の70万人興行へ」「これからの演劇、私のこれから」の5章で構成。細川と鴻上による対談、細川、古田新太(劇団☆新感線)、いのうえひでのりによる鼎談も収録する。

同書の出演者は、古田に加えて、小栗旬、ムロツヨシ、阿部サダヲ、森山未來、池田成志、筧利夫、木野花、渡辺いっけい、デーモン閣下、三宅弘城、内野聖陽、佐藤アツヒロ、十代目松本幸四郎、堤真一、上川隆也、沢口靖子、生田斗真、森田剛(V6)、勝地涼、北大路欣也、堺雅人、早乙女太一、天海祐希、橋本じゅん、綾野剛、小池栄子、永作博美、賀来賢人、橋本さとし、羽野晶紀。

鴻上は「君がいて、僕がいた」、宮藤官九郎は「こんなにガッツリ自伝とは思わなかった。ただの“真顔でセクハラおじさん”じゃなかったんですね。細川さん、全部、言っちゃったね」、古田は「なぜ細川氏は『ウナギ』と呼ばれる様になったのか。その答えは本書に詰まっている。望月三起也先生ごめんなさい」とそれぞれ推薦コメントを寄せている。

『演劇プロデューサーという仕事 「第三舞台」「劇団☆新感線」はなぜヒットしたのか』表紙
『演劇プロデューサーという仕事 「第三舞台」「劇団☆新感線」はなぜヒットしたのか』表紙
左から細川展裕、鴻上尚史、古田新太
左から細川展裕、鴻上尚史、古田新太
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと