スパイク・リー『ブラック・クランズマン』3月公開 KKKに挑む黒人刑事描く

スパイク・リーの新作映画『BlacKkKlansman』の邦題が『ブラック・クランズマン』に決定。2019年3月から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

『第71回カンヌ国際映画祭』グランプリを受賞した同作は、白人至上主義団体「KKK」ことクー・クラックス・クランに潜入捜査した黒人刑事の事件を綴るノンフィクション小説を映画化したもの。1979年のアメリカ・コロラドスプリングス警察署で初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワースが、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンと共にKKKの加入志望者に成りすまし、潜入調査に挑む、というあらすじだ。

主人公のロン役をデンゼル・ワシントンの息子で、リー監督の『マルコムX』で映画デビューしたジョン・デヴィッド・ワシントン、ロンの相棒フリップ役を『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役にキャスティングされたアダム・ドライバーが演じるほか、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンらが出演。監督、脚本にスパイク・リー、製作はスパイク・リーに加え、『セッション』のジェイソン・ブラム、『ゲット・アウト』のジョーダン・ピールが名を連ねる。

発表とあわせて場面写真が公開。ロンとフリップがKKKから送られてきた会員証を見つめる姿などが写し出されている。

作品情報

『ブラック・クランズマン』

2019年3月からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開
監督・脚本:スパイク・リー 出演: ジョン・デヴィッド・ワシントン アダム・ドライバー ローラ・ハリアー トファー・グレイス アレック・ボールドウィン ほか 配給:パルコ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • スパイク・リー『ブラック・クランズマン』3月公開 KKKに挑む黒人刑事描く

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて