高木正勝のピアノ曲集『Marginalia』 初の著書『こといづ』も

高木正勝の新作『Marginalia』が、11月21日にリリースされる。

7月に公開された『未来のミライ』をはじめ、『バケモノの子』『おおかみこどもの雨と雪』など、細田守監督作の映画音楽でも知られる高木正勝。『Marginalia』は兵庫の山中にあるプライベートスタジオで、自然の音とピアノによるインプロビゼーションのみで録音されたオリジナル作品だ。

リリース後にはピアノソロコンサート『Marginalia』を開催。11月23日に東京・立川のたましんRISURUホール 大ホール、12月16日に東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで行なう。

さらに11月23日には雑誌『ソトコト』の連載を書籍化した初の著書『こといづ』が刊行。兵庫・丹波篠山の村で暮らす日々の驚きと発見や村人たちとの交流、映画音楽ができるまでの苦悩と喜び、ソロモン諸島、エチオピアでの旅の話、自然や人間の命についてなどが綴られている。

リリース情報
イベント情報

『高木正勝 ピアノソロ・コンサート 'Marginalia’』

2018年11月23日(金・祝) 会場:東京都 立川 たましんRISURUホール 大ホール 料金:5,400円 2018年12月16日(日) 会場:東京都 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール 料金:5,940円
書籍情報
  • HOME
  • Music
  • 高木正勝のピアノ曲集『Marginalia』 初の著書『こといづ』も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて