ニュース

現役高校生バンドNo title、仲間への応援ソング“ねがいごと”が本日配信

No title
No title

No titleの新曲“ねがいごと”が本日11月14日にLINE MUSICで配信リリースされた。

青森・三沢出身の現役高校生バンド・No title。オーディション企画『LINEオーディション2017』で総合グランプリを獲得し、「LINE RECORDS」からデビューした。2019年1月25日から公開される映画『愛唄 ―約束のナクヒト―』のためにGReeeeNが書き下ろした主題歌にフィーチャリングアーティストとして参加している。

新曲“ねがいごと”は夢を叶えるために1人で旅立つ仲間を見送る応援ソングになっており、作詞をほのか(Vo,Gt)、作曲をあんべ(Gt)が担当。ほのかはレコーディング時、薄暗くしたブースにグランドピアノとギターを置き、メンバーが旅立つことを想像しながら収録したという。

ほのか(Vo,Gt)のコメント

「LINE オーディション 2017」でグランプリ獲得のあの時から、もう1年経とうとしていることに気がついて、時の速さをより実感するようになりました。そろそろ私たちも進路を選び始める時期です。「高校生バンド」としての時間が日に日に短くなっていきます。
私だけでなく、全高校生が、進路決定後、仲間との別れを経験することになります。仲間と何キロも遠く距離が離れることだってあります。それは寂しいものである一方で、夢を追って遠くへ行く仲間を応援する気持ちにもなるはずです。
高校生のうちにしかできない、書けない曲になりました。進路決定後、卒業後、こういう気持ちを思い出せたらいいし、かつて高校生だった人にも懐かしんでもらえたらいいなと思います。
作詞の段階でかなり苦労をしましたが、最終的にとてもいい詞が完成したと思います。今回も、作詞、レコーディングはかなり勉強になりました。
私から「ポチ」と「あんべ」と、そして私の友達に贈る詞でもありますが、これから何かを叶えるために、別れを経験する誰かに聴いてほしい曲でもあります。その中でも失われない明るさを晴れ晴れと感じられたらいいと思います。

No title『ねがいごと』ジャケット
No title『ねがいごと』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』