加瀬健太郎&沼田学&南阿沙美の写真展『ハイレゾ』 初日は 餅つきも

加瀬健太郎、沼田学、南阿沙美による写真展『ハイレゾ』が、12月5日から東京・新井薬師のスタジオ35分で開催される。

イギリスに留学後、現在は東京を拠点に活動し、『お父さん、だいじょうぶ?日記』などの書籍を発表している加瀬健太郎、『築地魚河岸ブルース』などの写真集を発表しているほか、餅つきユニット「もちはもちや」を主宰する沼田学、2014年に『キヤノン写真新世紀』優秀賞受賞を受賞し、2017年には『札幌国際芸術祭』にも参加した南阿沙美。

『ハイレゾ』展では3人のこれまでの仕事から、写真でしか伝わらないユーモアやニュアンスを含む作品群を展示するという。

期間中、毎週土曜にはそれぞれの作家によるライブスライドショーが開催されるほか、初日の12月5日には「もちはもちや」による餅つきが行なわれる。詳細はスタジオ35分のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『ハイレゾ』

2018年12月5日(水)~12月22日(土) 会場:東京都 新井薬師 スタジオ35分 時間:18:00~23:00 休廊日:日、月、火曜 料金:無料

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 加瀬健太郎&沼田学&南阿沙美の写真展『ハイレゾ』 初日は 餅つきも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて