ニュース

サンガツの5年ぶり東京公演がWWWで1月開催 4台のドラム含む編成で登場

『サンガツ@WWW』ビジュアル
『サンガツ@WWW』ビジュアル

サンガツのライブが、1月23日に東京・渋谷のWWWで開催される。

1997年に東京で結成されたサンガツ。2000年にジム・オルークをプロデューサーに迎えたアルバム『サンガツ』でCDデビューを果たした。2012年以降発表する作品に関しての今後5年間における著作権放棄を宣言するなど、音楽とリスナーの関係を問い直してきた。近年は演劇やダンスなどとのコラボレーション、ワークショップなどを実施している。

現在の編成は小泉篤宏(Gt)、小島創太郎(Gt)、千葉広樹(Ba)、宿谷一郎(Dr)、富樫大樹(Dr)、田中佑司(Dr)、石上宗太郎(Dr)。

今回のライブはサンガツにとって約5年ぶりの東京公演となる。チケットは現在販売中。企画と音響を担当した中原楽(Luftzug)は、同公演について「どこにいても、誰がいても、どんな楽器を持とうとも、いつでもサンガツはサンガツ。そんな彼らに自ら巻き込まれに行くんですわたしたちは」とコメントしている。

小泉篤宏(サンガツ)のコメント

お久しぶり、東京。

毎週日曜日、東京のどこかで繰り広げられるリハーサル。
バンドを始めた20年前からずっと、この場所で音楽への新しい試みを積み重ねてきたけれど、
東京に音楽を届けるのはずいぶん久しぶり。

変わったものと変わらないものを抱えながら進んでいくのがバンドだけど、
東京の方はどう?

喧騒と潜航ののち束の間の平静を取り戻しているように見えるこの場所で始められる新しい遊び。
いまここで音が鳴らされること、そのことのリアルを響かせます。

夜7時、渋谷でお会いしましょう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会