サンガツの5年ぶり東京公演がWWWで1月開催 4台のドラム含む編成で登場

サンガツのライブが、1月23日に東京・渋谷のWWWで開催される。

1997年に東京で結成されたサンガツ。2000年にジム・オルークをプロデューサーに迎えたアルバム『サンガツ』でCDデビューを果たした。2012年以降発表する作品に関しての今後5年間における著作権放棄を宣言するなど、音楽とリスナーの関係を問い直してきた。近年は演劇やダンスなどとのコラボレーション、ワークショップなどを実施している。

現在の編成は小泉篤宏(Gt)、小島創太郎(Gt)、千葉広樹(Ba)、宿谷一郎(Dr)、富樫大樹(Dr)、田中佑司(Dr)、石上宗太郎(Dr)。

今回のライブはサンガツにとって約5年ぶりの東京公演となる。チケットは現在販売中。企画と音響を担当した中原楽(Luftzug)は、同公演について「どこにいても、誰がいても、どんな楽器を持とうとも、いつでもサンガツはサンガツ。そんな彼らに自ら巻き込まれに行くんですわたしたちは」とコメントしている。

小泉篤宏(サンガツ)のコメント

お久しぶり、東京。

毎週日曜日、東京のどこかで繰り広げられるリハーサル。
バンドを始めた20年前からずっと、この場所で音楽への新しい試みを積み重ねてきたけれど、
東京に音楽を届けるのはずいぶん久しぶり。

変わったものと変わらないものを抱えながら進んでいくのがバンドだけど、
東京の方はどう?

喧騒と潜航ののち束の間の平静を取り戻しているように見えるこの場所で始められる新しい遊び。
いまここで音が鳴らされること、そのことのリアルを響かせます。

夜7時、渋谷でお会いしましょう。

イベント情報

『サンガツ@WWW』

2019年1月23日(水) 会場:東京都 渋谷 WWW 料金:前売4,000円 当日4,500円(共にドリンク別)
  • HOME
  • Music
  • サンガツの5年ぶり東京公演がWWWで1月開催 4台のドラム含む編成で登場

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて