ニュース

登坂広臣&中条あやみが語る映像も、恋人役で共演の映画『雪の華』特別映像

『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会

映画『雪の華』の特別映像が公開された。

中島美嘉の同名楽曲をモチーフにした『雪の華』は、東京とフィンランドを舞台に、余命1年を宣告された美雪と、ガラス工芸家を目指す青年・悠輔の姿を描くラブストーリー。両親が出会ったフィンランドでオーロラを見ることと、初めての恋をすることを夢見る美雪が、ひったくりから助けてくれた悠輔に「100万円で1か月限定の恋人になること」を持ちかける、というあらすじだ。悠輔役を登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、美雪役を中条あやみが演じる。監督を橋本光二郎、脚本を岡田惠和が務めた。

公開された映像では、悠輔がひったくりに遭った美雪に「助けてとか、返してとか、声に出さねえとわかんねえんだよ」「声出してけよ、声!」と口にする姿や、振り返る美雪に笑みを浮かべながら手を振る様子、美雪が悠輔に「最後の大イベント、そこで終わり」とフィンランド旅行を提案するシーン、登坂と中条のコメントなどが確認できる。

登坂は映画について「本当に純愛の、本当にストレートなラブストーリーだと思うので、このまっすぐな恋愛作品を観ていただけたらな、と思います」とコメント。フィンランドでの撮影を振り返って「初めて来た街なんですけど、すごく街並みも綺麗ですし、この作品にぴったりの風景なんじゃないかなと思いました」と語っている。

中条は映画に関して「ロマンチックだけど、儚い、素敵な映画になるんだろうなって思ってます」、フィンランドのロケについては「この綺麗な雪景色の中で撮影できて、なんかこう『雪の華』らしい素敵な画が撮れたんじゃないかなって思います」と述べている。

『雪の華』は2月1日から全国公開。

『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
『雪の華』 ©2019映画「雪の華」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告