『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

『第160回芥川龍之介賞』および『第160回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

『芥川賞』候補に選ばれたのは、上田岳弘『ニムロッド』、鴻池留衣『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』、砂川文次『戦場のレビヤタン』、高山羽根子『居た場所』、古市憲寿『平成くん、さようなら』、町屋良平『1R1分34秒』の6作品。上田は3度目、町屋は2度目の候補選出、鴻池、砂川、高山、古市は初選出となる。

『直木賞』候補は、今村翔吾『童の神』、垣根涼介『信長の原理』、真藤順丈『宝島』、深緑野分『ベルリンは晴れているか』、森見登美彦『熱帯』の5作品。森見は3度目、深緑と垣根は2度目の候補選出、今村と真藤は初選出となる。

選考会は1月16日16:00から東京・築地の新喜楽で行なわれる。

今回の『芥川賞』候補で注目されるのは、自身の初小説『平成くん、さようなら』が候補作となった古市憲寿だろう。社会学者として著書を発表しながら、テレビなどのメディアでコメンテーターとしても活動しており認知度の高い古市だけに、小説の作品評価とともに、選考結果が話題になりそうだ。そのほか、元自衛官で都内区役所に勤務するという肩書の持ち主の砂川文次、『創元SF短編賞』出身の高山羽根子、『青が破れる』の町屋良平にも注目したい。

『直木賞』候補では『夜は短し歩けよ乙女』『四畳半神話大系』『有頂天家族』『ペンギン・ハイウェイ』などで知られる森見登美彦に注目。3度目の候補作『熱帯』は作者自身が「我ながら呆れるような怪作」と語る長編小説。幅広い層からトップクラスの人気を誇る作家だけに、「3度目の正直」で受賞を果たすかファンならずとも気になるところだろう。

『第160回芥川龍之介賞』候補作品

上田岳弘『ニムロッド』(『群像』12月号)
鴻池留衣『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』(『新潮』9月号)
砂川文次『戦場のレビヤタン』(『文學界』12月号)
高山羽根子『居た場所』(『文藝』冬季号)
古市憲寿『平成くん、さようなら』(『文學界』9月号)
町屋良平『1R1分34秒』(『新潮』11月号)

『第160回直木三十五賞』候補作品

今村翔吾『童神』(角川春樹事務所)
垣根涼介『信長の原理』(KADOKAWA)
真藤順丈『宝島』(講談社)
深緑野分『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)
森見登美彦『熱帯』(文藝春秋)

  • HOME
  • Book
  • 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて