ニュース

蒼井優が大橋裕之の描き下ろし漫画実写化 『このマンガがすごい!』最終回

ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会

ドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』の最終回の詳細が発表された。

本日12月21日深夜に最終回を迎える同番組は、毎回ゲスト出演する役者たちが自ら実写化したい漫画を選び、独自の役作りで漫画キャラクターと一体化するまでの挑戦を記録した作品。ナビゲーターを蒼井優が務め、俳優たちと演技論を展開する。監督は松江哲明。

これまでの放送で11人の役者たちと共に漫画に触れてきた蒼井優。最終回のあらすじは、実写化する漫画を決めることができなかった蒼井が悩んだ末に大橋裕之に書き下ろし漫画を依頼しにいくというもの。蒼井は「自分がマンガになるということで、恥ずかしさの方が大きいかなと思いました。もちろん恥ずかしさもありますが、自分の中のこれでよかったのかとか、何かできたのかというもやもやを、大橋裕之先生がマンガを描いてくださったことで、一つ風穴を開けてもらえたように感じます」と述べている。

また大橋は「錚々たる漫画作品が登場した後に自分みたいなものがと思って気が引けたのですが、蒼井さんからのご依頼を無駄にしてはなるまいと全力で取り組みました。いつも通りのおかしな漫画になってしまいましたが、蒼井さんが完璧に演じ切ってくださいました」、松江監督は「蒼井優を正面から撮りたいと思いました。マンガが好きな役者と向き合い、言葉を引き出す役を担ってもらえたからこそ、最終回では真正面の表情をカメラ目線で。この番組はそのラストカットを撮るまでの2ヶ月間でもありました」とそれぞれコメント。

蒼井優のコメント

マンガの中のポスターで蒼井優が出たことがあるのですが、こうして主人公としてマンガになるのは初めてです。
自分がマンガになるということで、恥ずかしさの方が大きいかなと思いました。もちろん恥ずかしさもありますが、自分の中のこれでよかったのかとか、何かできたのかというもやもやを、大橋裕之先生がマンガを描いてくださったことで、一つ風穴を開けてもらえたように感じます。自分が描かれているから嬉しいというよりも、マンガに関わらせてもらえた気がして嬉しいです。

大橋裕之のコメント

錚々たる漫画作品が登場した後に自分みたいなものがと思って気が引けたのですが、蒼井さんからのご依頼を無駄にしてはなるまいと全力で取り組みました。いつも通りのおかしな漫画になってしまいましたが、蒼井さんが完璧に演じ切ってくださいました。

松江哲明監督のコメント

蒼井優を正面から撮りたいと思いました。マンガが好きな役者と向き合い、言葉を引き出す役を担ってもらえたからこそ、最終回では真正面の表情をカメラ目線で。この番組はそのラストカットを撮るまでの2ヶ月間でもありました。全てのマンガと役者にありがとうございました。

ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
『このマンガがすごい!2019』表紙 『このマンガがすごい!』編集部(編)/宝島社
『このマンガがすごい!2019』表紙 『このマンガがすごい!』編集部(編)/宝島社
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
ドラマ25『このマンガがすごい!』 ©「このマンガがすごい!」製作委員会
画像を拡大する(18枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで