破天荒な画家に密着する映画『ぼくの好きな先生』、主題歌はRCサクセション

映画『ぼくの好きな先生』が3月23日から東京・新宿K's cinemaで公開される。

同作は画家・瀬島匠を追ったドキュメンタリー映画。瀬島は山形にある東北芸術工科大学で学生を指導しながら、全国を巡って創作活動を行なっている。自由奔放に人生を謳歌している破天荒な人物のように見えるが、同作では瀬島の背負っている物語が明かされるという。主題歌はRCサクセション“ぼくの好きな先生”。

監督の前田哲にとっては初のドキュメンタリー作品となり、瀬島と出会った監督が衝動的に自らカメラを持って撮影を開始したことから制作がスタートしたとのこと。制作期間は1年ほど。なお前田監督は大泉洋主演による監督作『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の公開も控えている。

作品情報

『ぼくの好きな先生』

2019年3月23日(土)から新宿K's cinemaで公開
監督・撮影:前田哲 主題歌:RCサクセション“ぼくの好きな先生” 出演:瀬島匠 上映時間:85分 配給:アラキ・アートオフィス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 破天荒な画家に密着する映画『ぼくの好きな先生』、主題歌はRCサクセション

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて