光の3原色がテーマの『PHENOMENON: RGB』展にYOSHIROTTEN、河野未彩ら

展覧会『PHENOMENON: RGB』が、2月23日から東京・ラフォーレミュージアム原宿で開催される。

同展は光の3原色「RGB」をテーマに、ファッションやカルチャーの分野で活動するアーティストがメディア環境から得た発想をビジュアルで表現する展覧会。

参加アーティストは、グラフィックや映像、立体、インスタレーション、音楽などジャンルを超えた様々な表現方法で作品制作を行なうグラフィックアーティスト・YOSHIROTTEN、加山雄三や水曜日のカンパネラなどのビジュアル制作を行なう視覚ディレクター・河野未彩、Flumeのビジュアル制作や世界遺産であるオペラハウスへのプロジェクションマッピング制作を手掛けたオーストラリアのアーティスト、ジョナサン・ザワダ。新作のインスタレーションと共に出展する。そのほか国内外の若手アーティストらも参加予定。

イベント情報

『PHENOMENON: RGB』

2019年2月23日(土)~3月11日(月) 会場:東京都 ラフォーレミュージアム原宿
出品作家: YOSHIROTTEN 河野未彩 ジョナサン・ザワダ ほか 時間:11:00~21:00 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 光の3原色がテーマの『PHENOMENON: RGB』展にYOSHIROTTEN、河野未彩ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて