ニュース

岡田准一、土屋太鳳、白石麻衣、北村匠海が「ギガ国」へ ソフトバンク新CM

「ギガ国物語」キービジュアル
「ギガ国物語」キービジュアル

ソフトバンクの新テレビCMシリーズ「ギガ国物語」がスタート。「はじまり」篇、「Wi-Fi難民」篇が1月12日から放映される。

「ギガ充で生きろ。」をテーマに据えた同シリーズには、岡田准一、土屋太鳳、白石麻衣、北村匠海が出演。「ギガ」の消費が激しい架空の国「ギガ国」を舞台に、4人の旅人とロボットのサトウが「ギガ不足」の現状に直面しながら旅を続ける姿を描く。熱血漢のリーダー・オカダ役を岡田准一が演じるほか、真面目で純粋なタオ役に土屋太鳳、冷静沈着なシライシ役に白石麻衣、気弱で他力本願なタクミ役に北村匠海がキャスティング。

「はじまり」篇には、砂嵐を抜けて「ギガ国」に辿り着いたオカダたちの姿や、国民を前にしたタオが「国民は外で動画を見ることに怯えています」と報告する様子、オカダの「この国は、どうがしてるぜ!」という叫びに周囲の人々が沈黙する場面、「白戸家のお父さん」こと白戸次郎の姿などが映し出されている。

「Wi-Fi難民」篇では、学生たちがWi-Fiエリアを求めて飲食店に殺到する姿、街中で「ギガ―!」と絶叫するタオにオカダが「叫んだってギガは増えない」と諭すシーン、「ギガ―!」と叫ぶタクミの頬をシライシが引っ張り、「うるさい! 増えないって言ってんだろ!」と発言する場面などが確認できる。

撮影中、岡田は「ギガ国」市街地のセットに「すごいですよね。(丁寧に作り込まれた)セットが。衣装なども含めて、映画関係者がうらやむようなスケール感ですね。世界の映画クラスだと思います」とコメント。また、コートにマントを重ね着し、グローブ、防塵マスク、ゴーグルを装着した土屋と白石に「2人とも似合うよね、こういう格好が」「めっちゃ戦えそうだもん!」と声をかけると、土屋が「いや、岡田さんの方が戦えそう」と返す一幕もあったという。

北村の頬を白石が掴むシーンでは、監督から「もっと力強く!」と指示が出るたびに白石は「大丈夫ですか?」と北村を気遣い、撮影が終わると「すみません! ありがとうございました」と手を合わせたとのこと。「人の頬をつねったのっていつ以来ですか?」と訊かれた白石は「けっこう(乃木坂46の)メンバーの頬をつねってるんですよ(笑)。 う~ん、久しぶりではなかったかもしれないです(笑)」と答えた。


SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告