サリンジャーの半生描く『ライ麦畑の反逆児』本編映像 作品誕生の瞬間映す

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の本編映像が公開された。

1月18日から公開される同作は、小説家J・D・サリンジャーの半生や小説の誕生秘話を描く作品。サリンジャー役をニコラス・ホルト、サリンジャーの才能を開花させた編集者ウィット・バーネット役をケヴィン・スペイシーが演じている。

公開された本編映像は短編小説『バナナフィッシュにうってつけの日』が生み出された瞬間を映し出したもの。戦争のトラウマから抜け出すために東洋思想に傾倒し、瞑想やヨガの合間に執筆をつづけながら、煮詰まると導師の助言に従ってタイプライターから紙を抜き出して破り捨てることを続けていたサリンジャーが、原稿を破り捨てることで書くことの楽しみを再発見し、長いスランプを乗り越えて作品を生み出していく様が描かれている。

作品情報

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』

2019年1月18日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開
監督・脚本:ダニー・ストロング 原作:ケネス・スラウェンスキー『サリンジャー 生涯91年の真実』(晶文社) 出演: ニコラス・ホルト ケヴィン・スペイシー ゾーイ・ドゥイッチ ホープ・デイヴィス サラ・ポールソン 上映時間:109分 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • サリンジャーの半生描く『ライ麦畑の反逆児』本編映像 作品誕生の瞬間映す

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて