高良健吾が胸元あらわに 『多十郎殉愛記』ポスター公開、多部未華子の姿も

映画『多十郎殉愛記』のポスタービジュアルが公開された。

幕末の京都を舞台にした同作は、親の残した借金から逃げるように上洛してきた長州脱藩浪人・清川多十郎が主人公。大義も夢もなく日々を無為に過ごす多十郎、脱藩して多十郎のもとを訪れた腹違いの弟・数馬、多十郎に好意を寄せるおとよの3人を軸に、多十郎の捕縛に動く京都見廻組との死闘が繰り広げられるというあらすじだ。監督は中島貞夫、公開日は4月12日。

公開されたポスタービジュアルには、高良健吾演じる多十郎が胸元をあらわにし、襦袢を羽織って刀を鋭い視線でにらみつける様子が写し出されている。さらに多部未華子演じるヒロインの小料理屋女将・おとよ、木村了演じる多十郎の弟・数馬に加え、寺島進演じる最強の敵・抜刀隊隊長の蔵人の姿や、「行き場を失った男と女の悲恋の果て」「ラスト30分壮絶な死闘に泣け!」というコピーが確認できる。

作品情報

『多十郎殉愛記』

2019年4月12日(金)全国公開
監督:中島貞夫 脚本:中島貞夫、谷慶子 出演: 高良健吾 多部未華子 木村了 永瀬正敏 寺島進 配給:東映/よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 高良健吾が胸元あらわに 『多十郎殉愛記』ポスター公開、多部未華子の姿も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて