『ARABAKI』第3弾で電気グルーヴ、Chara、BBB、ドミコ、No titleら21組

野外音楽フェスティバル『ARABAKI ROCK FEST.19』の第3弾出演アーティストが発表された。

4月27日と28日に宮城・みちのく公園北地区エコキャンプみちのくで開催される『ARABAKI ROCK FEST.19』。

第2弾出演者として発表されたのは、THE ARABAKI ROCKERS SATURDAY NIGHT ROCK'N'ROLL SHOW、アンテナ、indischord、Age Factory、坂口有望、G-FREAK FACTORY、cinema staff、竹原ピストル、Chara、月に吠える。、電気グルーヴ、TENDOUJI、ドミコ、ネクライトーキー、No title、バレーボウイズ、ヒトリエ、Base Ball Bear、マカロニえんぴつ、真心ブラザーズの津軽フォーク村、村松徳一の21組となる。

プレイガイドのチケット先行予約は現在受付中。3月2日に宮城・仙台のCLUB JUNK BOXで行なわれるライブ形式のオーディション企最終審査『ARABAKI ROCK FEST.19 未来サミット -HASEKURA Revolution-』のチケットは2月19日まで第1次抽選予約を実施する。

※電気グルーヴの出演はキャンセルとなりました。(2019/3/15追記)

イベント情報

『ARABAKI ROCK FEST.19』

2019年4月27日(土)、4月28日(日) 会場:宮城県 川崎町 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
出演: 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS ACIDMAN THE ARABAKI ROCKERS SATURDAY NIGHT ROCK'N'ROLL SHOW アンテナ eastern youth indigo la End indischord 打首獄門同好会 男鹿ナマハゲ太鼓推進協議会(OxNxDxA)arabaki special Age Factory 勝手にしやがれ 川内太鼓 9mm Parabellum Bullet -15th ANNIVERSARY CARNIVAL OF CHAOS in ARABAKI- THE King ALL STARS -2019 ARABAKI MAXIMUM- Creepy Nuts go!go!vanillas 坂口有望 崎山蒼志 ZAZEN BOYS サンボマスター G-FREAK FACTORY ZIGGY SHISHAMO SIX LOUNGE cinema staff SiM SHADOWS 女王蜂 SIRUP 水曜日のカンパネラ SCANDAL spike shoes ソウル・フラワー・ユニオン 曽我部恵一BAND 竹原ピストル チャラン・ポ・ランタン Chara 月に吠える。 Dizzy Sunfist the telephones TENDOUJI 10-FEET 東京スカパラダイスオーケストラ 堂島孝平(荒吐親善大使) ドミコ ドレスコーズ 西馬音内盆踊り 人間椅子 ネクライトーキー No title The Birthday BARBEE BOYS the HIATUS THE BACK HORN バレーボウイズ ハンバート ハンバート BIGMAMA ヒトリエ the pillows -30th ANNIVERSARY CARNIVAL OF BUSTERS in ARABAKI- 04 Limited Sazabys 藤原美幸(秋田民謡) PUSHIM a flood of circle フラワーカンパニーズ 古市コータロー フレデリック Base Ball Bear THE BAWDIES ポルカドットスティングレイ マカロニえんぴつ 真心ブラザーズの津軽フォーク村 みちのくプロレス 夢弦会(津軽三味線) 村松徳一 ヤバイTシャツ屋さん ユアネス UNISON SQUARE GARDEN LUCKY TAPES リーガルリリー 緑黄色社会 LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS ROTTENGRAFFTY and more 料金: 2日通し券15,000円 2日通し4人券50,000円 4月27日券、4月28日券8,900円 キャンプサイト券2,000円 2日通し駐車券5,000円 1日通し駐車券25,00円
  • HOME
  • Music
  • 『ARABAKI』第3弾で電気グルーヴ、Chara、BBB、ドミコ、No titleら21組

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて