ニュース

松坂桃李が鰻を捌く&殺陣シーンに挑戦 『居眠り磐音』予告編&ポスター

映画『居眠り磐音』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

5月17日から公開される『居眠り磐音』は、佐伯泰英の同名時代小説を映画化した作品。命令で幼なじみの琴平を討ち取り、許婚の奈緒を残して脱藩した坂崎磐音が、鰻割きや両替商・今津屋の用心棒の仕事に就いて江戸暮らしに慣れ始めるも、今津屋が南鐐二朱銀を巡る騒動に巻き込まれる事件が起き、今津屋を守るために立ち向かうことになる、というあらすじだ。昼は鰻屋で働き夜は両替屋の用心棒として悪と戦う主人公・坂崎磐音役を松坂桃李が演じる。

予告編では、『眠狂四郎』『丹下左膳』『座頭市』『椿三十郎』など数々の時代劇のタイトル、磐音が鰻を捌く様子、磐音の殺陣シーン、芳根京子演じる磐音の許婚・奈緒が涙を流す場面に加えて、木村文乃演じるおこん、柄本明演じる有楽斎らの姿が確認できる。ナレーションは特報に引き続き遠藤憲一が担当。ポスタービジュアルには「この男、切ないほどに、強く、優しい。」というキャッチコピーと共に、磐音、奈緒、おこん、有楽斎に加えて、柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介、ピエール瀧、陣内孝則、石丸謙二郎、西村まさ彦、谷原章介、中村梅雀らキャスト陣の姿が写し出されている。

『居眠り磐音』ポスタービジュアル ©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
『居眠り磐音』ポスタービジュアル ©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
『居眠り磐音』 ©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
『居眠り磐音』 ©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
『居眠り磐音』 ©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
『居眠り磐音』 ©2019映画「居眠り磐音」製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催