天王洲各所にアート作品、『TENNOZ ART FESTIVAL』に小林健太、淺井裕介ら

アートプロジェクト『TENNOZ ART FESTIVAL 2019』が3月8日から東京・天王洲アイルで開催される。

「アートの島=天王洲アイル」というコンセプトのもと始動される『TENNOZ ART FESTIVAL 2019』。天王洲アイルを舞台に7人のアーティストがそれぞれ計7か所で壁画や写真の展示を行なう。

参加作家は、小林健太、淺井裕介、松下徹、ARYZ、DIEGO、ラファエル・スリクス、ルーカス・デュピュイ。ふれあい橋では、3月8日から小林健太による写真展示が行なわれ、夜にはライトアップが実施される。ふれあい橋を除く作品は、2020年の春まで展示予定。

イベント情報

『TENNOZ ART FESTIVAL 2019』

2019年3月8日(金)~4月7日(日) 会場:東京都 天王洲アイル ふれあい橋橋梁、東横INN立体駐場壁面、三信倉庫壁面、寺田倉庫T33壁面、東品川2丁目桟橋待合所壁面、ボンドストリート(内山コンクリート)壁面、東京モノレール「天王洲アイル」駅改札前
出展作家: 小林健太 淺井裕介 松下徹 ARYZ DIEGO ラファエル・スリクス ルーカス・デュピュイ
  • HOME
  • Art,Design
  • 天王洲各所にアート作品、『TENNOZ ART FESTIVAL』に小林健太、淺井裕介ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて